精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

第一回 校長の、ひとり言♩

第一回 校長の、ひとり言♩

精道三川台学園の創立以来、学校を見届けてきた廣田校長の談話から、気になるキーワードが挙がったので、テーマに分けてご紹介させていただきます。

タイトル

〝素学〟のすすめ  part1

質問

精道三川台小学校は、どんな校風ですか?

答え

〝素〟を大切にしている教育空間です。

コメント

〝素〟という言葉が正しいかは、正直わかりません。他の言い方をするなら〝ありのまま〟〝本音〟という表現に近いかもしれませんね。

質問

〝素〟を大切にする教育現場というのは、具体的にどういったことですか?

答え

今!〝何を感じて、何を考え、何をしたいのか!〟を大切にしてあげる!です

一般的には、大人数のクラスをまとめるとなると、できるだけ個性を平たくしがちになると思うんです。

クラスの運営はもちろん大切ですが、出来るだけ〝個〟に沿った道を見出していきたい感覚です。

精道三川台としては、いい個性はとことん伸ばしてあげたい!その根っこは強いと思います。

続きは、また後日

特任ライター
TAIRA

Facebookコメント

最近の投稿

「タブレットを使って」4年生編

「タブレットを使って」4年生編

12月、北消防署に見学に行ってきました。火事を防ぐために消防署の方々がどんな仕事をされているのか、実際に間近で見て学んできました。21期生の先輩も仕事をされていました。かわいい後輩たちに言葉もかけてくれました。 お仕事中にもかかわらず、消防...
「タブレットを使って」3年生編

「タブレットを使って」3年生編

2学期途中から各教科で活用しているタブレット。学校ではどのように活用しているのか、その活用方法の一部を紹介します。 教 科 活 用 方 法 国 語 ・「ことわざ・故事成語」の学習では、各自が調べたことわざと故事成語(意味を含む)を「フラッシ...
低学年男子をやる気にさせる方法《実況中継》

低学年男子をやる気にさせる方法《実況中継》

「言わないと宿題に取り掛かりません・・。」「自分でする時と、言われないとできない時があり、宿題をザーッとやる時がたまにあります・・。」などの保護者の声を時々耳にします。 ダラッとしている息子を見ると、つい「宿題した?まだしてないとね!はよせ...
More
Return Top