精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

校長挨拶

世界とつながる


一般道路からは本校の敷地はほとんど見えません。進入口を上ってくると、四方を山に囲まれたグランドが見え、敷地内には竹林や里山もあります。このような自然に恵まれた環境の中で、子どもたちは季節を感じながら、いきいきと学んでいます。精道三川台小学校には、子どもたちが本来的に持っている好奇心、記憶力、思考力を最大限に発揮させるためのユニークな工夫があります。本校独自の個人指導制、毎月のモットー、期間限定・学年枠を取り払ったプログラム、男女別学、異学年集団との日常的な交流、1年生から毎日ある英語授業、小学生からできるオーストラリアへの研修旅行、どれも特徴的であり、確かな教育成果を上げている工夫です。
世界五大陸に広がる姉妹校300校余りとの強力なネットワークを持つ精道三川台小学校に、ぜひご来校くださり、実際に確かめてみてください。
“知的で、さわやかで、カッコイイ”セイドーボーイズがここには溢れています。

校長:廣田 悠二

Facebookコメント

最近の投稿

水泳教室

水泳教室

7月6日に水泳教室を行いました。 まずは入念に準備体操です。 プールサイドで、泳ぎ方を確認。いよいよ入水です。 バタ足や、ビートバンも使い練習しました。 屋外プールにも行きました。    
平和の灯キャンドル作り

平和の灯キャンドル作り

毎年夏休み前のこの時期、長崎市民として被爆体験の継承と平和意識を高めるために、「平和の灯キャンドル」を製作しています。 各自が家から持ってきた1リットルの牛乳パックに、温めて溶かしたパラフィンワックスを流し込んでもらい、固まるまでゆっくり回...
ミニトマト作りに挑戦!

ミニトマト作りに挑戦!

2年生の生活科では、ミニトマト作りに挑戦しています。 一人一鉢を受け持ち、今、青い実が数十個実っているところです。中には赤くなっている実も出てきています。みんな収穫を楽しみにしています。  
左手に虫かご、右手には虫取り網

左手に虫かご、右手には虫取り網

ゴールデンウィーク明け頃から、学校の敷地内に現れる昆虫やトカゲなどを捕まえる子どもたちが増えてきました。 ある1年生は、黒い大型の甲虫を捕まえ、「マイマイカブリ」という虫だと先輩から教えてもらっていました。 何を食べているのか、、、早速、お...
More
Return Top