精道三川台小学校

SEIDO MIKAWADAI PRIMARY SCHOOL

インターナショナル英語教育

インターナショナル英語教育

精道学園の”精神的な創立者”である聖ホセマリア・エスクリバー神父。若い頃から「人権や身分や年齢に関係なく、すべての人間が聖性に呼ばれている」と人々に呼びかけ、その教えは世界に広がっていきました。 1928年に聖ホセマリアが創立したオプス・デイの精神に学び、志を同じくする姉妹校はガステルエタ校(スペイン)、レタマール校(スペイン)、レッドフィールド校(オーストラリア)、サウスリッジ校(フィリピン)、タクスン校(香港)など、世界で300校あまり。ホームステイやボランティア活動などを通じた交流がグローバルな規模で展開されています。 また、2014年から新たに佐世保にあるアメリカンスール『ダービースクール』の小学生との交流も始まっています。
img_4494img_6976img_7000img_6964

際立った英語教育

国際語として、英語が重要であることは言うまでもありません。本校では、創立当初から英語を教科として位置づけ指導してきました。1~2年生では週2時間、3~6年生では週3時間をかけて学習しています。 日本人教員と外国人スタッフが指導にあたり、一人ひとりが英語でコミュニケーションを図る機会を増やし、生きた英語力の育成に努めています。特に1~2年生は、ほぼ毎日英語に触れる機会を設けるために、授業のない日は朝の会でオールイングリッシュでの英語活動を行っています。 また、実用英語検定試験(英検)を希望者に受験させています。5年生で多数の児童が5級(中学初級程度)を取得し、卒業時までにさらに4級以上を取得する児童も複数います。 6年生では、英語学習の集大成として、あじさい劇場で英語劇にチャレンジします。 4年生からは、語彙指導として1001の英単語を学べる本校オリジナルの教材を使っています。単語は小学生に親しみやすく日用性が高いものから選んでいます。 インターナショナル教育(精道オリジナル英語教材) 長崎市内の小学生対象に開かれている「小学生英会話の集い」では、2014年度、本校から6名の児童が出場し、全員がグランプリを含む入賞を果たすことができました。

  img_7574

海外の姉妹校

レッドフィールド校(オーストラリア) http://www.redfield.nsw.edu.au/
サウスリッジ校(フィリピン) http://www.southridge.edu.ph/
徳信(タクスン)中華人民共和国(香港) http://www.tsss.edu.hk
ハイツ校(アメリカ合衆国) https://www.heights.edu

 

Facebookコメント

Return Top