精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

お母さんが気になる男子校とは?

お母さんが気になる男子校とは?

子どもたちには一人ひとり個性があり、その個性に応じた教育をすればよい面を伸ばせます。同様に、男の子と女の子の違いに応じて教育活動を行えば、男女それぞれの良いところを伸ばせるからです。

男子と女子では、社会生活で形成される違いだけでなく、生まれながらに違いがあることが脳科学の発達によって明らかになってきました。

もちろん、個人差はありますが、一般的に
「女子は言語能力が高く」
「男子は空間認知能力が高い」

と言われます。

また、女子は同学年の男子より聴覚が優れています。他にも、記憶の仕方、感情処理の仕方、成長スピード、行動、読書量、学習態度、友だちや教師との人間関係の築き方、欲しいもの、将来の夢など様々な違いがあるのです。
男子校・女子校では、一斉指導を行う際にも、こうした違いに基づいて教育活動を行っています。

男子校と女子校のメリットとは?

男子校のメリット
男子校と女子校のメリットとは、具体的にどのようなことでしょうか。

男子は競争、また挑戦という要素を採り入れることで緊張感を持たせ集中力を高めることが有効です。
たとえば、学習課題をステージクリアするようなゲーム感覚で取り組ませると、男子は目の色を変え俄然やる気を出します。
女子は安心して学ぶことを好むので、男子のペースで競争を採り入れると逆効果になってしまいます。

男女の成長の違いにも合わせて

男子の成長
個人差があるとは言え、女子の方が男子よりも心身が早く成長します。
前述のように言語力も女子の方が優れています。
特に小学校高学年からの成長期は、その差が顕著にあらわれます。
男子校・女子校では、男女の異なる成長スピードに合わせた指導ができます。
また、異性の目を気にしないで、学習にも集中できます。
男の子は、女子と比較されることなく、のびのびと過ごせます。

細かなことでも女子任せにはできません

女子校ではリーダ的役割を男子に頼ることも譲ることもなくなるのでリーダーシップを発揮でき、企画力や運営力が養われます。
男子校では、細やかなことでも女子任せにできません。

たとえば、清掃活動が人格の発達に好影響を与えることが最近言われています。
男子だけなら掃除を女子に頼ることはありません。

一生付き合える友達との熱い友情

一生付き合える友達に出会える
男子校や女子校では、培った友情が長続きすることを多くの出身者が語っています。
一生つき合える友だちにも多く出会えるのも、同性同士の気取らない環境がその土壌にあるからです。

思春期の男女は、同姓の教師による指導を受け入れやすい
さらに、本学園に限らず、全国的に男子校には男性の教師が多く、女子校には女性の教師が多い傾向があります。
特に思春期の男女は、同性の教師による指導を受け入れやすく、模範にしやすいといった教育上の理由があるからです。
男子校と女子校に学力が高い学校が多いことは、こうした利点が総合的に作用しているからでしょう。

男子校を選んだ理由

本校に限らず、男子校に通わせている保護者が、
男子校を選んだ理由は以下のとおりです。
保護者が男子校を選んだ理由ランキング
つまり、保護者の皆様が男子校に期待することは男子としての全人格的な教育である、と言えるでしょう。
男子校にはそれを可能にする環境が整っています。

Facebookコメント

最近の投稿

セイドー アフタースクール 始動

セイドー アフタースクール 始動

新年度が始まり、「セイドー アフタースクール」も活動を開始しました。 「どろんこ」の様子。 敷地内の裏山で文字通りどろんこになって遊んでいます。 「囲碁教室」の様子。 じっくりと次の一手を考えます。 いつも互角の戦いが繰り広げられています。...
給食開始

給食開始

1・2年生も本日から給食がスタートしました。 体育祭練習も本格的にスタートし、元気に動き、しっかり食べていました。 今日の給食はカレーライス・サラダ・デザートです。 たくさん食べて、上級生に負けないよう心も体も大きく成長してほしいです。
児童会 新執行部 始動

児童会 新執行部 始動

4月12日(金) 児童会朝礼があり、1年生も参列しました。 各委員会からの発表があり、児童会 執行委員会は、新しく役員になった児童の紹介がありました。 みんなで力を合わせて活動していきましょう。
右を見て、左を見て・・

右を見て、左を見て・・

4月10日、三原交番の警察官や浦上自動車学校の方々が来校し、交通教室を行いました。 警察官の方への挨拶も元気よくできました。 次に、浦上自動車学校の職員の方々が、横断歩道や信号機を設置してくださいました。 子どもたちは、横断歩道の渡り方や、...
More
Return Top