精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

家庭と連携し児童の個性を引き出す「個人指導」

家庭と連携し児童の個性を引き出す「個人指導」

教育を実践する上で大切なことは、知識を教えるだけでなく、児童一人ひとりを理解することです。
本校では、担任と『個人指導教師』がついて、マンツーマンで、がんばったこと、あまりできなかったこと、挑戦しようと思っていることなどに対して、アドバイスや励ましを送ります。
定期的な対話に加え、必要なときにはいつでも話すことができる個人指導。

担任は原則1年ごとに変わりますが、個人指導教師は複数年持ち上がり、継続して指導に当たります。
また、保護者への協力も個人指導教師の務めです。
特に、男子にとって重要な、父親とのコミュニケーションを図るために、夕方や休日を利用して、面談や家庭訪問を行っています。

Facebookコメント

最近の投稿

セイドー アフタースクール 始動

セイドー アフタースクール 始動

新年度が始まり、「セイドー アフタースクール」も活動を開始しました。 「どろんこ」の様子。 敷地内の裏山で文字通りどろんこになって遊んでいます。 「囲碁教室」の様子。 じっくりと次の一手を考えます。 いつも互角の戦いが繰り広げられています。...
給食開始

給食開始

1・2年生も本日から給食がスタートしました。 体育祭練習も本格的にスタートし、元気に動き、しっかり食べていました。 今日の給食はカレーライス・サラダ・デザートです。 たくさん食べて、上級生に負けないよう心も体も大きく成長してほしいです。
児童会 新執行部 始動

児童会 新執行部 始動

4月12日(金) 児童会朝礼があり、1年生も参列しました。 各委員会からの発表があり、児童会 執行委員会は、新しく役員になった児童の紹介がありました。 みんなで力を合わせて活動していきましょう。
右を見て、左を見て・・

右を見て、左を見て・・

4月10日、三原交番の警察官や浦上自動車学校の方々が来校し、交通教室を行いました。 警察官の方への挨拶も元気よくできました。 次に、浦上自動車学校の職員の方々が、横断歩道や信号機を設置してくださいました。 子どもたちは、横断歩道の渡り方や、...
More
Return Top