精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

家庭と連携し児童の個性を引き出す「個人指導」

家庭と連携し児童の個性を引き出す「個人指導」

教育を実践する上で大切なことは、知識を教えるだけでなく、児童一人ひとりを理解することです。
本校では、担任と『個人指導教師』がついて、マンツーマンで、がんばったこと、あまりできなかったこと、挑戦しようと思っていることなどに対して、アドバイスや励ましを送ります。
定期的な対話に加え、必要なときにはいつでも話すことができる個人指導。

担任は原則1年ごとに変わりますが、個人指導教師は複数年持ち上がり、継続して指導に当たります。
また、保護者への協力も個人指導教師の務めです。
特に、男子にとって重要な、父親とのコミュニケーションを図るために、夕方や休日を利用して、面談や家庭訪問を行っています。

Facebookコメント

最近の投稿

「タブレットを使って」3年生編

「タブレットを使って」3年生編

2学期途中から各教科で活用しているタブレット。学校ではどのように活用しているのか、その活用方法の一部を紹介します。 教 科 活 用 方 法 国 語 ・「ことわざ・故事成語」の学習では、各自が調べたことわざと故事成語(意味を含む)を「フラッシ...
低学年男子をやる気にさせる方法《実況中継》

低学年男子をやる気にさせる方法《実況中継》

「言わないと宿題に取り掛かりません・・。」「自分でする時と、言われないとできない時があり、宿題をザーッとやる時がたまにあります・・。」などの保護者の声を時々耳にします。 ダラッとしている息子を見ると、つい「宿題した?まだしてないとね!はよせ...
1月8日 久しぶりの銀世界

1月8日 久しぶりの銀世界

新年明けましておめでとうございます。 本来ならば今日が2020年度3学期の始業式を行う予定でしたが、降雪のため1月12日(火)に行う運びとなりました。 昨晩からの雪で一面雪景色となりました。 みんな、待ってるよ!  
More
Return Top