精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

家庭と連携し児童の個性を引き出す「個人指導」

家庭と連携し児童の個性を引き出す「個人指導」

教育を実践する上で大切なことは、知識を教えるだけでなく、児童一人ひとりを理解することです。
本校では、担任と『個人指導教師』がついて、マンツーマンで、がんばったこと、あまりできなかったこと、挑戦しようと思っていることなどに対して、アドバイスや励ましを送ります。
定期的な対話に加え、必要なときにはいつでも話すことができる個人指導。

担任は原則1年ごとに変わりますが、個人指導教師は複数年持ち上がり、継続して指導に当たります。
また、保護者への協力も個人指導教師の務めです。
特に、男子にとって重要な、父親とのコミュニケーションを図るために、夕方や休日を利用して、面談や家庭訪問を行っています。

Facebookコメント

最近の投稿

ミニバスU12リーグ 新人戦 第1節 終了

ミニバスU12リーグ 新人戦 第1節 終了

2月8日、9日、ミニバスケットボール新人戦が行われました。新チームとして最初の公式戦です。4年生3名、3年生2名、2年生3名で臨みました。初日、相手チームのメンバー不足もあり、1勝1敗。2日目は1敗しましたが、本校を含め3チームでの順位決定...
サッカー部 ノルテチャレンジ年間リーグ戦2位/7チーム

サッカー部 ノルテチャレンジ年間リーグ戦2位/7チーム

昨年6月から今年の2月にかけて行われたノルテチャレンジ年間リーグ戦。様々なチームと試合をさせていただき、子ども達は試合を通してどんどん成長していきました。結果は8勝2敗の勝点24。勝点1及ばず7チーム中、第2位でしたが、自分達で声をかける姿...
2月のモットー「剛毅」

2月のモットー「剛毅」

手を抜かない生き方 本校の卒業生でテニス部の大先輩に、堀晃大(36歳)さんがいます。NTT西日本ソフトテニス部監督です。今年、日本リーグで優勝して前人未到の10連覇を成し遂げました。彼は一つの言葉を心に刻んで練習に励み、指導に当たっています...
More
Return Top