精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

家庭と連携し児童の個性を引き出す「個人指導」

家庭と連携し児童の個性を引き出す「個人指導」

教育を実践する上で大切なことは、知識を教えるだけでなく、児童一人ひとりを理解することです。
本校では、担任と『個人指導教師』がついて、マンツーマンで、がんばったこと、あまりできなかったこと、挑戦しようと思っていることなどに対して、アドバイスや励ましを送ります。
定期的な対話に加え、必要なときにはいつでも話すことができる個人指導。

担任は原則1年ごとに変わりますが、個人指導教師は複数年持ち上がり、継続して指導に当たります。
また、保護者への協力も個人指導教師の務めです。
特に、男子にとって重要な、父親とのコミュニケーションを図るために、夕方や休日を利用して、面談や家庭訪問を行っています。

Facebookコメント

最近の投稿

「令和元年度 第38回かもめ祭り」

「令和元年度 第38回かもめ祭り」

11月10日(日) かもめ祭り(バザー)が開催されました。小中高合同で開催し、保護者・児童生徒・教職員が全員で行うお祭りです。天候にも恵まれ、多くの方にご来場いただき、大盛況のうちに終了しました。10:30 小学生の子供たちのカウントダウン...
11月のモットー「秩序」

11月のモットー「秩序」

(学校新聞「たけうま」より) 「秩序」とは「物事を行う場合の正しい順序」「社会や集団が望ましい状態を保つための順番や決まり」のことです。秩序の対義語は「混乱」「混沌」。2011年の東日本大震災の際、交通機関がマヒした東京で駅やタクシー乗り場...
第2回避難訓練

第2回避難訓練

今年度第2回目の防災訓練を行いました。今回も1学期に引き続き地震訓練です。1学期は、避難に対する知識を増やす目的で教室学習を行いました。そこで、どんな危険が起きる可能性があるのか、どのように避難をすればいいのかなどを学習しました。それを踏ま...
More
Return Top