精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

小6 理科実験「水素爆発」

小6 理科実験「水素爆発」

6年理科では水溶液の性質の学習をしています。

先日、塩酸にアルミニウムを入れ、溶ける様子を観察しました。

その際水素が発生するのですが、化学反応式を簡単に示し、水素が出てくる理屈を説明しました。
そのうえで、出てきた気体が本当に水素であるかを確かめるため、試験管に貯めてマッチで火をつけます。
ピョッというかわいい音を立てて水素が爆発します。
前時にそこまでをおこない、本時はボンベからとった水素を爆発させるとどうなるかを実験しました。ポリ袋で水素と酸素を混ぜて火をつけるのです。

安全のため竹の棒の先に袋を取り付け遠くから火にかざします。ものすごい音を発し、ポリ袋が爆発します。その迫力に6年生は声を上げて逃げていきます。

これで、水素がどういうものなのかと言うことが強烈に印象付けられたことでしょう。

 

 

Facebookコメント

最近の投稿

12月のモットー「寛大」

12月のモットー「寛大」

(学校新聞「たけうま」より)  日本語の寛大という言葉の意味は幅広いようですが、学校のモットーである「寛大」の起源である西洋の言葉は、英語ではgenerosityであり(これは実は寛大さの意)ます。これは「ケチでない」とか「気前が良い」とい...
小1さんすう『じんとりゲーム』

小1さんすう『じんとりゲーム』

 算数の単元「どっちが広い?」でじんとりゲームをしました。ルールは、グーで勝ったら1マス、チョキで勝ったら2マス、パーで勝ったら3マス、マスに色を塗ることができるというものです。マスの数は全部で25マス。どうなってしまうのか!? ジャンケン...
小音会

小音会

11月13日にブリックホールで行われた長崎市小学校音楽会に出演しました。本校は第2日午後の部の大トリでした。曲は「アルルの女」よりファランドールを合奏しました。この曲は、王の行進と馬のダンスと呼ばれる2つの旋律があります。リコーダーや、鍵盤...
More
Return Top