精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

小6 理科実験「水素爆発」

小6 理科実験「水素爆発」

6年理科では水溶液の性質の学習をしています。

先日、塩酸にアルミニウムを入れ、溶ける様子を観察しました。

その際水素が発生するのですが、化学反応式を簡単に示し、水素が出てくる理屈を説明しました。
そのうえで、出てきた気体が本当に水素であるかを確かめるため、試験管に貯めてマッチで火をつけます。
ピョッというかわいい音を立てて水素が爆発します。
前時にそこまでをおこない、本時はボンベからとった水素を爆発させるとどうなるかを実験しました。ポリ袋で水素と酸素を混ぜて火をつけるのです。

安全のため竹の棒の先に袋を取り付け遠くから火にかざします。ものすごい音を発し、ポリ袋が爆発します。その迫力に6年生は声を上げて逃げていきます。

これで、水素がどういうものなのかと言うことが強烈に印象付けられたことでしょう。

 

 

Facebookコメント

最近の投稿

体育祭 代替会 開催

体育祭 代替会 開催

毎年4月に行われている小中高合同体育祭が、新型コロナ感染拡大防止のため中止となりましたが、今回、その代替会「男たちの熱き闘い」を開催しました。 児童生徒が休憩をとるテントを通常の2倍にし、3密を避け、プログラムも短縮し、感染対策を講じた上で...
令和2年度「夏休み作品展」

令和2年度「夏休み作品展」

毎年恒例の「夏休み作品展」ですが、今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Web上で保護者の方のみへの公開といたします。 児童の作品は、保護者プリントでお知らせしましたパスワードを入力して、以下のリンク先よりご覧ください。 尚、ブログ...
More
Return Top