精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

11月のモットー「秩序」

11月のモットー「秩序」

(学校新聞「たけうま」より)

「秩序」とは「物事を行う場合の正しい順序」「社会や集団が望ましい状態を保つための順番や決まり」のことです。
秩序の対義語は「混乱」「混沌」。
2011年の東日本大震災の際、交通機関がマヒした東京で駅やタクシー乗り場に並ぶ大勢の人々、支援物資の配給やコンビニやスーパーに並ぶ人々被災地の人々の姿がありました。
これらの様子が海外メディアに取り上げられ「日本では、なぜ商店などでの略奪行為が起ここならないのか」「大地震でも日本の治安は揺るがない」「これほどの被害にあっても日本人はパニックにならずに秩序を保っている」など、称賛の声が世界に発信されたのです。
私たち日本人からすれば当たり前のことですが、海外の人たちからすると驚くべき状況だったのです。
日本人の国民性といえばそれまでですが、海外のメディアは「日本人は学校教育や社会の中で、どんな状況でも社会の平穏のために自分をコントロールすることを学び、日本人の美徳である我慢が根底にある。」などと分析し紹介しました。
11月のモットーは「秩序」です。
秩序は広意義で用いられる言葉ですので「秩序を大事にしましょう。」と言われても私自身ピンときません。
周囲の人を思いやる気持ちを持つこと。
我慢すること。
優先順位を考えて行動すること。
見通しをもってスケジュールを立てること。
身の回りの整理整頓。
などを意識して、対義語である「混乱・混沌」の状態にならないようにしたいと思います。

本校では、毎日の生活の中で、特に注意して果たしていく徳目を月ごとに決めています。
児童生徒のみならず、教職員も意識し、それぞれの年齢にあった目標を掲げています。
また毎月、学校新聞「たけうま」に教員が交代で、その月のモットーについて書いています。
各月のモットーは、以下の通りです。

モットー
4月礼儀
5月敬愛
6月勤勉
7月友情
8月英雄的瞬間
9月責任感
10月誠実
11月秩序
12月寛大
1月清貧
2月剛毅
3月感謝

Facebookコメント

最近の投稿

6年 理科実験 part III「Fe(鉄)の燃焼」燃やしたら重くなる!

6年 理科実験 part III「Fe(鉄)の燃焼」燃やしたら重くなる!

6年理科では、実験を通して発展的な学習をしています。 前回の実験では、スチールウール(鉄を細長くしたタワシ)が燃えることを確認しました。今回はスチールウールを燃やすとその重さはどうなるか、という事を学習しました。 燃やす前に予想を立てました...
4年 「海洋ごみゼロプロジェクト」に参加

4年 「海洋ごみゼロプロジェクト」に参加

「海洋ごみゼロプロジェクト」に参加してきました! スクールバスで1時間ほどかけて伊王島に到着。長崎大学の先生に海洋ごみについてのレクチャーを受け、いざごみ拾い!!海洋ごみを拾うにあたっての約束を聞き、伊王島の浜に散乱しているごみを拾ってきま...
十字架山巡礼

十字架山巡礼

5月は聖母月。小学6年生は、5月最後の金曜日、十字架山に巡礼に行きました。十字架山は、辻町にあります。住宅街の中に忽然と現れるので、近くを通るだけでは気づかないかも知れません。 十字架山は、1881年(明治14年)キリスト教を信じたという罪...
6年 理科実験 part II「光合成」

6年 理科実験 part II「光合成」

梅雨の晴れ間を利用して、6年で光合成の実験をしました。 まず、葉っぱが太陽の光を受けるとでんぷんができることを確かめました。 その後、アルミ箔で葉っぱを被うと光が当たらないので、そこにはでんぷんはできないことを実験で確認しました。方法はヨウ...
More
Return Top