精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

4年理科実験「熱気球飛ばし」

4年理科実験「熱気球飛ばし」

今年も4年生理科「ものの温まり方」単元での物作りで熱気球を作りました。

体育館での実験前に最後の確認

これまでの授業では金属、水、空気を温め、どのように温まって行くのかを、ロウやサーモインク(示温インク)、線香の煙を用いて調べました。
学習の最後に温まった空気は上に上がって行くことを利用して、熱気球を作りました。
これは、仮説実験授業研究会の名倉弘さんの取り組みを実践したものです。

黒いビニール袋を太陽の熱で暖め、浮き上がらせるものはよく目にしますが、今回は実際の熱気球に近づけるためアルコールを燃やして飛ばす方法を取り入れました。
台湾のお祭りでも取り組まれている様です。

材料は45ℓのビニール袋とニクロム線、アルミカップです。
アルミカップにはアルコールを染み込ませた脱脂綿を入れそれに火をつけて、温めた空気をビニール袋に溜め飛ばします。
飛ばすときは、火のついた脱脂綿が落ちてくることもあるので、気球の下に立たないことを確認し、事前に濡れた雑巾で火を消す練習をして本番に臨みました。

最初は苦戦する班もありましたが、後半には全ての班が気球を浮き上がらせることに成功しました。

実験を通して確かめた“温まった空気は軽くなり上へ上っていく”ことが、感動とともに子どもたちの脳裏に刻まれたことでしょう。

Facebookコメント

最近の投稿

第42回「あじさい劇場」Part 2

第42回「あじさい劇場」Part 2

4年生は「令和落語2024」。 「時そば」「代筆屋」「まんじゅう こわい」の3話構成です。 それぞれの場面でしっかり笑いを取る4年生でした。 5・6年生による合奏は、「YOASOBI メドレー」「ジュラシック・パーク」「ウィリアム・テル序曲...
第42回「あじさい劇場」Part 1

第42回「あじさい劇場」Part 1

6月29日(土)、第42回「あじさい劇場」をチトセピアホールで開催しました。 児童会会長の挨拶でスタートです。 最初は2年生の劇「続・ももたろう」。 ももたろうに助けられ、心を入れ替えた鬼たちの物語。   次は、3年生「おおかみの おなかの...
姉妹校サウスリッジの生徒が来校

姉妹校サウスリッジの生徒が来校

フィリピンの姉妹校サウスリッジの生徒が来校し、3年生とも交流をしました。 フィリピンの食べ物やお祭りについてプレゼンテーションが行われ、子どもたちは興味津々。真剣な表情で話を聞きました。 最後に英語で感謝の思いを伝えることができました。
More
Return Top