精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

6年生卒業論文

6年生卒業論文

6年生では、卒業論文(以後「卒論」と略称)制作を行います。 

今回取り組む38期生の卒論では、 

世の中の“ふしぎ”や“はてな?”から考えた予想を様々な方法で確かめていく。 

という、テーマ探究型の学習で進めています 

 4月から6月にかけてはテーマづくりに取り組み、子供たちが“気になっている事”“興味のある事”“好きな事”から思いついた事をキーワードし、そこから思い浮かぶ物事を線で繋いで書き加えていくマインドマップの形で表していきました。また、子供同士の交流学習を通じて互いのマインドマップにさらに書き加えをしながら発想を広げていきました。 

こちらは、キーワードをもとに表したマインドマップです。自分が書いたマインドマップを子供同士で互いに読み合い、知っていることや思い浮かんだことがあれば、さらに書き加えをしていきます。そうやって出来上がったマインドマップをもとに、課題設定をしていきます。これが、卒論のテーマ”となります 

上記子供であれば 

「レゴをインテリアの一部として取り入れると、住み心地がよくなるのではないか」 

「火力発電に代わる発電方法が確立されれば、地球温暖化は防げるのではないか」 

といったテーマを立てました。 

 今後、夏休みを通して調査や観察、実験、製作、創作等を通して、これからの検証を行っていきます。子供たちはテーマを深く研究していく過程で、新しい発見をすることもあれば時には壁にぶつかることもあるでしょう。しかし、紆余曲折をしながらも自分なりの結論に達し “納得解”が得られた経験はきっと今後の子供たちにとって大きな財産となることと思います。 

9月の新学期に、子供たちがどのような研究報告してくるか、今から楽しみにしています。 

Facebookコメント

最近の投稿

アメリカからもお客様 来校

アメリカからもお客様 来校

アメリカのシカゴにある姉妹校「ノースリッジ ハイスクール」を卒業し、現在大学1年生のクリストス・ローマン君が来校しました。 日本文化や日本語にとても関心のある彼は、夏休みを利用して本校を訪れました。早速、4年生にパワーポイントを使って自己紹...
“でこぼこ”だってキャンバスに

“でこぼこ”だってキャンバスに

6年生は、図工で「ここから見ると」という単元の学習をしました。 場所の奥行きを生かして、楽しく見えるものをつくります。 1年生が楽しめるようにと、目線の高さや、どんな作品にするかにも、気を付けました。 作製中に、低学年からよく質問を受けてい...
囲碁の全国大会 出場へ

囲碁の全国大会 出場へ

第43回少年少女囲碁大会長崎県大会において、本校4年生が準優勝となり全国大会出場権を獲得しました。全国大会は8月に行われ、2年連続の出場となります。活躍を楽しみにしたいと思います。
外国からの久しぶりのお客様

外国からの久しぶりのお客様

スペインのパンプローナにある姉妹校「エル・レディン」を卒業し、現在「バルセロナ大学(大学院1年)」に通うハビエル・ビニェタさんが、6月2日やって来ました。 8月までの3ヶ月間、本校でインターンシップを経験します。 コロナ禍のため、なかなか日...
More
Return Top