精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

昼休みの挑戦

昼休みの挑戦

給食後、昼休みになると一目散に青空広場へと急ぐ児童が増えている。

右手に「縄跳び」、左手に「縄跳びカード」を持って。
教員が審査員となり、規定の跳び方をクリアするとサインをする。

前跳びもできなかった児童が、友達や先輩の跳ぶ姿を見て練習し、綺麗に跳べるようになって行く。
毎年この時期に繰り返される光景だ。

2月19日(土)は、小学校全学年で「なわとび大会」を行う。
それに向けて練習をしているのだ。

「なわとびカード」は、低学年用3枚、高学年用3枚、合計6枚。

低学年用
高学年用

各カードに10個の項目があり、全てクリアするとその上のカードへ進むシステム。

初めて挑戦する跳び方は、最初は当然うまく行かず、何度も失敗する。

でも、跳べるようになった経験がバネになり、もっと上へ挑戦して行く。

なわとびは、練習すればするほど上手に跳べるようになっていく。
失敗すれば、縄が足や手、顔に当たったりして痛い。
痛いからやめるか?
痛いけど挑戦するか?
挑戦した者だけが、「できた!」という達成感を味わうことができる。
そして、さらなる高みへ登っていく。

今日も、セイドーボーイたちの挑戦は続く。

Facebookコメント

最近の投稿

4年理科実験「熱気球飛ばし」

4年理科実験「熱気球飛ばし」

今年も4年生理科「ものの温まり方」単元での物作りで熱気球を作りました。 これまでの授業では金属、水、空気を温め、どのように温まって行くのかを、ロウやサーモインク(示温インク)、線香の煙を用いて調べました。学習の最後に温まった空気は上に上がっ...
なわとび大会に向けて

なわとび大会に向けて

2月18日(土)行われる「なわとび大会」に向けて、休み時間に練習を始める子どもたちが増えてきました。 なわとびカードは、低学年用3段階と高学年用4段階のカードが用意されています。先週、その第1段階目のカードが一斉に配られました。モチベーショ...
1月のモットー「清貧」

1月のモットー「清貧」

「日本人への感謝の気持ちを書き尽くすことはできません。」 聖フランシスコ・ザビエルは日本を離れた後、こう書き記しました。ザビエルは、最初、薩摩の島津氏から布教の許可を得て宣教していましたが、後に禁じられ、では都へ行って天皇の許可をもらおうと...
More
Return Top