精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

4年理科 飛べ、熱気球!

4年理科 飛べ、熱気球!

4年生理科では「ものの温まり方」の学習をしました。

金属、水、空気を温め、どのように熱が広がって行くのかをロウ、サーモインク(示温インク)、線香の煙などを用いて実験をして調べました。
学習のまとめとして、温まった空気は軽くなり上昇して行くことを利用して、熱気球を作り体育館で飛ばしました。

これは仮説実験授業研究会の名倉弘さんの取り組みを実践したものです。
黒いビニール袋を太陽の熱で暖め浮き上がらせるものはよく目にしますが、今回は実際の熱気球に近づけるためアルコールを燃やし、空気を温めて飛ばす方法を取り入れました。

材料は「45ℓのゴミ袋」「ニクロム線」「アルミカップ」です。
アルミカップにはアルコールを染み込ませた脱脂綿を入れています。
飛ばすときは、脱脂綿に火をつけてゴミ袋内の空気を温め飛ばします。
火のついた脱脂綿が落ちてくることもあるので、気球の下に立たないことを確認し、事前に濡れた雑巾で火を消す練習をして本番に臨みました。

最初は火力が弱く、うまく飛ばなかった班もありましたが、後半には全ての班が気球を浮き上がらせることに成功しました。

飛ばすための準備をする子どもたち


実験を通して確かめた“温まった空気は軽くなり上へ上っていく”ことが、感動とともに子どもたちの脳裏に刻み込まれたことでしょう。

Facebookコメント

最近の投稿

4年理科実験「熱気球飛ばし」

4年理科実験「熱気球飛ばし」

今年も4年生理科「ものの温まり方」単元での物作りで熱気球を作りました。 これまでの授業では金属、水、空気を温め、どのように温まって行くのかを、ロウやサーモインク(示温インク)、線香の煙を用いて調べました。学習の最後に温まった空気は上に上がっ...
なわとび大会に向けて

なわとび大会に向けて

2月18日(土)行われる「なわとび大会」に向けて、休み時間に練習を始める子どもたちが増えてきました。 なわとびカードは、低学年用3段階と高学年用4段階のカードが用意されています。先週、その第1段階目のカードが一斉に配られました。モチベーショ...
1月のモットー「清貧」

1月のモットー「清貧」

「日本人への感謝の気持ちを書き尽くすことはできません。」 聖フランシスコ・ザビエルは日本を離れた後、こう書き記しました。ザビエルは、最初、薩摩の島津氏から布教の許可を得て宣教していましたが、後に禁じられ、では都へ行って天皇の許可をもらおうと...
More
Return Top