精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

なわとび大会 part II

なわとび大会 part II

上記のカードは、なわとびの「高学年用 チャレンジ カード」。
難易度を少しずつ上げています。
低学年用は別に3種類あります。

学年枠を取っ払った、期間限定プログラムの一つ「なわとび」

毎年、3学期の2月に行われる「なわとび大会」。

期間限定で取り組んだ「百人一首大会」同様、約1ヶ月間、全児童が集中的に取り組みます。

初めは、「前とび」に挑戦。
腕を大きく後ろから回し、なわとびを1回跳ぶのに2回〜3回跳躍しながらしか跳べなかったA君。
上級生が跳んでいる様子を見ながら、真似をしているうちに次第に跳べるようになりました。
毎年、1年生で繰り返される光景です。

次は「二重とび」。
前とびが連続50回以上できるようになると、次なる目標は「二重とび」。
跳んでいる間に2回なわを回すのは、なかなか難易度が高いです。
ただ、これも何度も何度もチャレンジするうちに、1回跳べるようになり、それを何度も繰り返すうちに2回、3回、5回、10回と連続で跳べるようになります。

続けて跳ぼうとすると、跳んでいる時の姿勢が重要になります。
上手な上級生が跳んでいるのを見ていると、それも習得して上手になります。
中には、1年生でも「ムササビとび(二重交差とび)」、「ハヤブサとび(二重あやとび)」ができるようになり、上級生から賞賛の声が上がります。
これが学年枠を取っ払ったプログラムの真骨頂です。

「交差とび」「あやとび」にも挑戦し、30秒間で一定回数をクリアできるかに挑戦する子どもが続出します。
「ムササビとび」、「ハヤブサとび」、「ミックスとび(二重→ムササビ→ハヤブサ)」や「三重とび」に挑戦する子どもたちが出てきます。
なわとび大会当日、「三重とび」の大会新記録 連続20回が生まれました。

三重とび連続20回 達成の瞬間

Facebookコメント

最近の投稿

2年 観察名人になろう

2年 観察名人になろう

生活科でミニトマトを栽培しています。小さな苗から育て始めたのですが、だいぶ実がつきはじめました。その様子を目の当たりにして、子どもたちはこれまで以上にお世話を頑張っています。 さて、国語では「かんさつ名人になろう」の単元を学習しています。こ...
税の大切さを学ぶ

税の大切さを学ぶ

社会科学習の一環として長崎税務署の方を招いて租税教室を実施しました。  納税は、日本における三大義務の一つです。本時では、「税金の意義(どうして必要なのか?)と役割(どんな所に使われるのか?)」をテーマとして、身近にある税のことや種類などを...
5年 アサガオを徹底解剖!

5年 アサガオを徹底解剖!

5年理科の授業で,「花のつくり」について学習しました。実際にアサガオの花が配られ,よく見て観察し,スケッチしました。次に花を部分ごとに分解しました。それぞれの花の部分の名前を確認しながら虫眼鏡を使ってよく観察するためです。 さらに,実体双眼...
文教クラブ「メダカ採集」

文教クラブ「メダカ採集」

本校には、「文教クラブ」(https://bunkyoclub.wordpress.com/)というものがあり、小学5・6年生、中学生、高校生を対象とした自由参加型のさまざまな活動を行っています。6月27日(月)に、その活動の一環として、5...
More
Return Top