精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

第二回 校長の、ひとり言♩

第二回 校長の、ひとり言♩

精道三川台学園の創立以来、学校を見届けてきた廣田校長の談話から、気になるキーワードが挙がったので、テーマに分けてご紹介させていただきます。

さて、本日のお題!

〝素学〟のすすめ part2

※前回に引き続き、〝素学〟という言葉を紐解きながら、校長先生との談話をまとめていきたいと思います。今回からご覧になられる方は、よろしければpart1から読まれてみてください。

以下本題

質問
〝素〟という言葉のイメージの1つに〝自由〟的なニュアンスがあると思います。
その〝自由〟が過ぎると、収集がつかない!ような感覚があるのですが、いかがお考えでしょうか?

答え
あ!確かにですねー!!そんな見え方もできると思います!!

私の中で〝素〟という言葉を分解して、でてくる言葉はこんな感じです。

【校長先生の頭の中の言葉】
一、素直 
一、誠実 
一、真摯 
一、一途 
一、自然 
一、首尾一貫 
一、単純 
一、正直 
一、公正

なんか、硬いですか?苦笑

私の中で〝素〟という言葉は、究極の前向きで明るい言葉だと認識しています。
その前向きな感覚を、教育の現場に落とし込めるのが、理想の形ですね。

後書き
今回は、少しお硬い!感じになってしまいました。
が!いかがでしょう?
精道三川台小学校の根っこの教育指針は、ここまで読んでいただけると、なんとなくイメージ持っていただけますか?

〝いや、まだまだ伝わらない??〟(天からの声)

というお声もありますので!

校長先生との談話はここから広がっていきます。
より具体的なエピソードなどをお伝えし、根っことなる理念をよりご理解頂ければ幸いでございます。

特任ライター
TAIRA

Facebookコメント

最近の投稿

アメリカからもお客様 来校

アメリカからもお客様 来校

アメリカのシカゴにある姉妹校「ノースリッジ ハイスクール」を卒業し、現在大学1年生のクリストス・ローマン君が来校しました。 日本文化や日本語にとても関心のある彼は、夏休みを利用して本校を訪れました。早速、4年生にパワーポイントを使って自己紹...
“でこぼこ”だってキャンバスに

“でこぼこ”だってキャンバスに

6年生は、図工で「ここから見ると」という単元の学習をしました。 場所の奥行きを生かして、楽しく見えるものをつくります。 1年生が楽しめるようにと、目線の高さや、どんな作品にするかにも、気を付けました。 作製中に、低学年からよく質問を受けてい...
囲碁の全国大会 出場へ

囲碁の全国大会 出場へ

第43回少年少女囲碁大会長崎県大会において、本校4年生が準優勝となり全国大会出場権を獲得しました。全国大会は8月に行われ、2年連続の出場となります。活躍を楽しみにしたいと思います。
外国からの久しぶりのお客様

外国からの久しぶりのお客様

スペインのパンプローナにある姉妹校「エル・レディン」を卒業し、現在「バルセロナ大学(大学院1年)」に通うハビエル・ビニェタさんが、6月2日やって来ました。 8月までの3ヶ月間、本校でインターンシップを経験します。 コロナ禍のため、なかなか日...
More
Return Top