精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

12月のモットー「寛大」

12月のモットー「寛大」

今から数年前、私は司祭になるための勉強をスペインでしていました。
ある時、普段着の安い服を探していたのですが、一緒に勉強をしていた仲間が「Zaraがいいよ」と教えてくれました。
当時私には初めて聞く名前だったのですが、今では日本でも有名になっています。
そのZaraの創業者がスペイン医療の改善のためにといって全国の病院に合計380億円を寄付したというニュースを聞いたことがあります。
なんと寛大な行為でしょう。

 ところで聖書には次のような話があります。
ある日イエス様は神殿の階段に座って多くの人に教えを説いていました。
そのすぐ近くには神殿に巡礼に来ていた人々が賽銭を置く台があり、時々金持ちがやってきては多額のお金を置くたびに近くでどよめきがおきていました。
そんな中一人の貧しい未亡人が小銭を2枚置いたのです。
それを見て嘲笑する人がいましたが、イエス様は言いました。
「この婦人は誰よりも多くを捧げた。なぜなら持っているすべてのお金を置いたのだから。」
この女性はその日の食費とすべきお金まで捧げていたのです(ルカ20章45節参照)。

寛大さは、実は量では計れません。
心のあり方にかかっています。
小さなことでも大きな愛を込めて行うなら、それは神様の前にとても寛大な行為となるのです。
聖書の中に出てくるあの貧しい婦人は、目には見えない神様にできる限りの愛を示したいと思っていたのでしょう。
『万事を神の愛のために行いなさい。そうすれば、小さなことなど存在しない。万事が偉大である。』(道、813番)。

本校では、毎日の生活の中で、特に注意して果たしていく徳目を月ごとに決めています。
児童生徒のみならず、教職員も意識し、それぞれの年齢にあった目標を掲げています。
また毎月、学校新聞「たけうま」に教員が交代で、その月のモットーについて書いています。
各月のモットーは、以下の通りです。

モットー
4月 礼儀
5月 敬愛
6月 勤勉
7月 友情
8月 英雄的瞬間
9月 責任感
10月 誠実
11月 秩序
12月 寛大
1月 清貧
2月 剛毅
3月 感謝

Facebookコメント

最近の投稿

2月のモットー「剛毅」

2月のモットー「剛毅」

樋口季一郎。ユダヤ人は、この名前を「大恩人」として心に刻んでいます。命のビザを発給して6000人のユダヤ人を救った杉原千畝が有名ですが、樋口の名は知られていません。1943年、ナチスの迫害を逃れてシベリア鉄道で満州の国境まで辿り着いたユダヤ...
「STEAM教育」体育編「短縄の技術向上を目指して」

「STEAM教育」体育編「短縄の技術向上を目指して」

2年生の子どもたちは2月に行われる「校内なわとび大会」に向けて、日々練習を頑張っています。 体育の時間では、二人一組となり、互いの跳躍を動画や静止画で撮影し、アドバイスするなど交流しながら進めています。   撮影しながら進めることで、それぞ...
4年理科実験「熱気球飛ばし」

4年理科実験「熱気球飛ばし」

今年も4年生理科「ものの温まり方」単元での物作りで熱気球を作りました。 これまでの授業では金属、水、空気を温め、どのように温まって行くのかを、ロウやサーモインク(示温インク)、線香の煙を用いて調べました。学習の最後に温まった空気は上に上がっ...
More
Return Top