精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

名文暗唱 終了

名文暗唱 終了

今年度の「名文暗唱」期間が終了しました。

今年度、達人に認定されたのは27人でした。

大変よく頑張りました。

暗唱文化は、型の文化です。

型の文化は、強力な教育力を持っています。

一度身に付けてしまえば、生涯を支える力となります。

日本語の感性を養うという観点からみれば、暗唱に優るものはありません。

最高のものを自分の身の内に染み込ませることによって、日本語の善し悪しが感覚としてわかるようになります。

Facebookコメント

最近の投稿

12月のモットー「寛大」

12月のモットー「寛大」

(学校新聞「たけうま」より)  日本語の寛大という言葉の意味は幅広いようですが、学校のモットーである「寛大」の起源である西洋の言葉は、英語ではgenerosityであり(これは実は寛大さの意)ます。これは「ケチでない」とか「気前が良い」とい...
小1さんすう『じんとりゲーム』

小1さんすう『じんとりゲーム』

 算数の単元「どっちが広い?」でじんとりゲームをしました。ルールは、グーで勝ったら1マス、チョキで勝ったら2マス、パーで勝ったら3マス、マスに色を塗ることができるというものです。マスの数は全部で25マス。どうなってしまうのか!? ジャンケン...
小音会

小音会

11月13日にブリックホールで行われた長崎市小学校音楽会に出演しました。本校は第2日午後の部の大トリでした。曲は「アルルの女」よりファランドールを合奏しました。この曲は、王の行進と馬のダンスと呼ばれる2つの旋律があります。リコーダーや、鍵盤...
More
Return Top