精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

ビブリオバトル(3年生)

ビブリオバトル(3年生)

11月17日(土)、第1回ビブリオバトル「チャンプ本決定戦」を行いました。

このチャンプ本決定戦には予選会を通過した3人が出場し、それぞれが持ち寄った本の魅力を語りました。

3人の語りはチャンプ本決定戦に相応しく、堂々としたものというだけでなく、発表内容(本の魅力について)もとても素晴らしいものでした。

3人の語りを終え、投票に移るとき、教室内にはなんとも言えない緊張感が漂っていました。

投票の結果、第1回ビブリオバトルのチャンプ本は『ジャンケンの神さま』に決まりました。

また、準チャンプ本として『電池が切れるまで』と『おとまりのひ』が認定されました。

この3冊は2学期中、教室内に展示し、クラスの子に読んでほしいと思っています。

ビブリオバトルは誰でも(小学生から大人まで)開催できる本の紹介コミュニケーションゲームです。

「人を通して本を知る。本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国に広がっています。

ビブリオバトルは、楽しい本を持ち合って語り合うスポーツのようなコミュニケーションの場をつくる方法です。

その場を実現するために「チャンプ本を決める」という、一見、単純なゲームのような仕組みは、コミュニケーションの場に重要な効果を与えるのです。

 

1.みんながみんなの為になる本を持ってくるようになる。

→「自分が好きな本」というだけではチャンプ本をとれないので、紹介される、みんなの視点が自然

と盛り込まれてくる。

→独りよがりじゃない本を通してのコミュニケーションが生まれる。

 

2.発表者がみんなに語りかけるようになる。

→みんなが票を持っているので、一人ひとりに伝わるように一生懸命「語る」努力をするようになる。

 

3.聞き手もいつもより真剣に聞く。

→自分の一票でチャンプ本が変わってしまうかもしれない!聞き手にも一票が与えられることで、

ただ聞くよりも、積極的に発表を聞いてくれるようになる。

 

4.みんなで評価することで、みんなの視点がわかるようになる。

→他の人の評価がみえることで、自分のものの見方が一面的であることに気づき、多様な価値観に

気づくことができる。

 

5.スピーチに対するリアルなフィードバック。

→発表時のみんなの表情、終わったときの投票、その後の会話を通じて、みんなの意見がもらえる

ので、スピーチの練習にはもってこい。

Facebookコメント

最近の投稿

2月のモットー「剛毅」

2月のモットー「剛毅」

樋口季一郎。ユダヤ人は、この名前を「大恩人」として心に刻んでいます。命のビザを発給して6000人のユダヤ人を救った杉原千畝が有名ですが、樋口の名は知られていません。1943年、ナチスの迫害を逃れてシベリア鉄道で満州の国境まで辿り着いたユダヤ...
「STEAM教育」体育編「短縄の技術向上を目指して」

「STEAM教育」体育編「短縄の技術向上を目指して」

2年生の子どもたちは2月に行われる「校内なわとび大会」に向けて、日々練習を頑張っています。 体育の時間では、二人一組となり、互いの跳躍を動画や静止画で撮影し、アドバイスするなど交流しながら進めています。   撮影しながら進めることで、それぞ...
4年理科実験「熱気球飛ばし」

4年理科実験「熱気球飛ばし」

今年も4年生理科「ものの温まり方」単元での物作りで熱気球を作りました。 これまでの授業では金属、水、空気を温め、どのように温まって行くのかを、ロウやサーモインク(示温インク)、線香の煙を用いて調べました。学習の最後に温まった空気は上に上がっ...
More
Return Top