精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

ビブリオバトル(3年生)

ビブリオバトル(3年生)

11月17日(土)、第1回ビブリオバトル「チャンプ本決定戦」を行いました。

このチャンプ本決定戦には予選会を通過した3人が出場し、それぞれが持ち寄った本の魅力を語りました。

3人の語りはチャンプ本決定戦に相応しく、堂々としたものというだけでなく、発表内容(本の魅力について)もとても素晴らしいものでした。

3人の語りを終え、投票に移るとき、教室内にはなんとも言えない緊張感が漂っていました。

投票の結果、第1回ビブリオバトルのチャンプ本は『ジャンケンの神さま』に決まりました。

また、準チャンプ本として『電池が切れるまで』と『おとまりのひ』が認定されました。

この3冊は2学期中、教室内に展示し、クラスの子に読んでほしいと思っています。

ビブリオバトルは誰でも(小学生から大人まで)開催できる本の紹介コミュニケーションゲームです。

「人を通して本を知る。本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国に広がっています。

ビブリオバトルは、楽しい本を持ち合って語り合うスポーツのようなコミュニケーションの場をつくる方法です。

その場を実現するために「チャンプ本を決める」という、一見、単純なゲームのような仕組みは、コミュニケーションの場に重要な効果を与えるのです。

 

1.みんながみんなの為になる本を持ってくるようになる。

→「自分が好きな本」というだけではチャンプ本をとれないので、紹介される、みんなの視点が自然

と盛り込まれてくる。

→独りよがりじゃない本を通してのコミュニケーションが生まれる。

 

2.発表者がみんなに語りかけるようになる。

→みんなが票を持っているので、一人ひとりに伝わるように一生懸命「語る」努力をするようになる。

 

3.聞き手もいつもより真剣に聞く。

→自分の一票でチャンプ本が変わってしまうかもしれない!聞き手にも一票が与えられることで、

ただ聞くよりも、積極的に発表を聞いてくれるようになる。

 

4.みんなで評価することで、みんなの視点がわかるようになる。

→他の人の評価がみえることで、自分のものの見方が一面的であることに気づき、多様な価値観に

気づくことができる。

 

5.スピーチに対するリアルなフィードバック。

→発表時のみんなの表情、終わったときの投票、その後の会話を通じて、みんなの意見がもらえる

ので、スピーチの練習にはもってこい。

Facebookコメント

最近の投稿

なわとび大会

なわとび大会

2月20日、小学校は全学年でなわとび大会を行い、前半は短縄に、後半は長縄に挑戦しました。 今年度は、コロナ感染予防のため一部の保護者のみの参観となりました。 百人一首大会を終えてからの約1ヶ月間、子どもたちは体育の時間だけでなく、セイドータ...
2月のモットー「剛毅」

2月のモットー「剛毅」

小学校では、いよいよ縄跳び大会が近づいてきました。大会が近づくと、いつもある卒業生のことを思い出します。この卒業生は、難しい跳び方や三十秒で何回跳べるかといった課題を他の児童が次々とクリアしていくなかで、抜きん出て縄跳びが上手なわけではあり...
「タブレットを使って」2年生編

「タブレットを使って」2年生編

2年生の国語では詩の単元に入っています。今回はタブレットを使って詩を書きます。 まず、文字入力の仕方を学習しました。2年生ではまだローマ字を学習していないので、五十音順のキーボードを使って入力作業をしました。ゆくゆくはローマ字入力へと変更し...
低学年男子をやる気にさせる方法《反対言葉》

低学年男子をやる気にさせる方法《反対言葉》

先日の「実況中継」はいかがでしたでしょうか? 今回は、「反対言葉」をご紹介させていただきます。 子 ゴロゴロしながらテレビに夢中の息子・・<レベル1(1回目の声かけ)> 親「宿題せんでいいけんね!」 子「よしっ!宿題しよっかな~!」 うまく...
More
Return Top