精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

県民祈りの日

県民祈りの日

県民祈りの日の今日、低学年の子どもたちはピースバトン・ナガサキより講師の方をお迎えして、①スライド学習「原子爆弾とは」、②紙芝居「私たちが伝える被爆体験」を行っていただきました。

スライド学習では、原子爆弾を学び、現在の核兵器数を確認することで今後何が必要なのか、自分たちでできることとは何かついて考えていきました。

紙芝居(長崎市立桜馬場中学校の生徒が、吉田勝二さん(爆心地から850メートルで被爆)の被爆体験講話をもとにシナリオや原画を考え絵本を作成)は、長崎で被爆体験されたことをまとめられたものであり、その当時の様子がよくわかりました。

73年前の今日、原子爆弾の投下によって約7万人が亡くなり、同数の方が負傷しました。

当時の人口(約24万人)の約3割が亡くなり、約3割が負傷した計算になります。

長い年月が経つに従い、当時のことを知る人も随分と減りました。

しかし、被爆という重大な事実が風化され、忘れ去られないためにも、8月9日には改めて被爆者のご冥福をお祈りし、平和を願うことが大切です。

児童会役員2名が平和祈念式典に参列し、4年生から6年生は、原爆資料館を見学し、11:02に合わせて爆心地公園へ移動し、黙とうを捧げました。

原爆資料館・爆心地公園ともに多くの方がいらっしゃっており、どれだけ多くの人が平和を願っているのか、そして、「平和」がどれだけ大切なことなのかに、改めて気づかされました。

Facebookコメント

最近の投稿

〝1ミリの成長〟も見逃さない!〟No.1

〝1ミリの成長〟も見逃さない!〟No.1

~保護者様から、よく質問いただく内容に、細かくお答えします!~ 特に!新一年生の保護者様は、お子様の学校での様子は、気にまりますよね?! できる限り、それぞれの子ども達の様子・変化・発見などはお伝えできるよう心がけております。 しかし、学校...
『日本一早い!運動会の利点』〜2019年度 振り返りNo.3-3〜

『日本一早い!運動会の利点』〜2019年度 振り返りNo.3-3〜

『よーいどん!の掛け声で、不安解消!』 昨年までの運動会の余韻… PART3  最終回   新学期・新入生なら入学して一ヶ月も経たないうちに、運動会を開催しておりました。 児童をはじめ、保護者様、教員一同、とても当日を心待ちしております! ...
第一回 校長の、ひとり言♩

第一回 校長の、ひとり言♩

精道三川台学園の創立以来、学校を見届けてきた廣田校長の談話から、気になるキーワードが挙がったので、テーマに分けてご紹介させていただきます。 タイトル 〝素学〟のすすめ  part1 質問 精道三川台小学校は、どんな校風ですか? 答え 〝素〟...
【おいおい!何しに学校きてる??笑】

【おいおい!何しに学校きてる??笑】

「学校再開を待ってました!」とばかり、元気な姿で登校してきてくれた子どもたち。勉強できることを楽しみに登校してきたかと思いきや…、 「ねぇ、みんな!今日の昼休み、先生を誘って、第2体育館の裏に行かない?」という会話が聞こえてきました。「あれ...
More
Return Top