精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

何の卵?

何の卵?

とにかくデカイ!

ボールに卵の中身を出してビックリ。鶏の卵20個分ぐらいは十分ある量です。

実は、5年生保護者からのご寄付でダチョウの卵をいただきました。

そこで、5年生のみんなで料理をして食べることにしました。

先ず、部屋を暗くして卵に明かりを当て、気泡がどこにあるのかを確認します。

気泡目がけて穴を開け、ペンチで殻を少しずつ取り除いていきます。

卵を溶いて、醤油と砂糖で味付けをし、スクランブルエッグにしていただきました。

美味しくいただきました。

Facebookコメント

最近の投稿

平日のミサ

平日のミサ

6月より、月曜日~木曜日のセイドータイムにミサが始まりました。希望する児童・生徒・教職員を対象としています。 以下は中学校・文化宗教委員会の掲示物からの引用です。 「自由参加。来(ら)れるときでだいじょうぶ!」「あなたもミサに来て、父と子と...
10月のモットー「誠実」

10月のモットー「誠実」

先の読めない時代VUCA【Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という4つのキーワードの頭文字】といわれる現在、これまで...
医学部医学科進学に関する講演会

医学部医学科進学に関する講演会

9月26日(土)「あなたの医学部合格をかなえる成功の9ステップ」と題し、メディカル・ラボ本部 教務統括 可児 良友氏による講演会を開催しました。 内容を抜粋すると医師になるために大切なこと・自分で勉強できる力・コミュニケーション力・リーダー...
More
Return Top