精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

佐世保市の米軍基地内にある「ダービー スクール」との交流を深める

佐世保市の米軍基地内にある「ダービー スクール」との交流を深める

12月1日(火)、英語向上プログラムの一環として、佐世保の米軍基地内にあるダービースクールの子どもたちと保護者の方々を本校にお招きし、交流会を行いました。

昨年に引き続き、今年で2回目です。

1

小5児童による英語の挨拶で交流会スタート!

2 13

先ず、お互いに英語で自己紹介をしました。

15 3

次に、本校体育祭の競技でお馴染みの『ボールでポン』をみんなで行いました。

8

次はヒューマンビンゴ!互いに英語で質問し、サインをもらいます!

16

最初は恥ずかしがりながらでしたが、だんだんと自分から質問できました。

みんなで楽しく給食(ドライカレー!とサラダ)を頂いた後、視聴覚室で親交を深めました。

午後の活動は視聴覚教室にて各校からの出し物です。

最初にダービースクールの出し物で、「ダービークイズ」でした。

9

三川台からは英語の歌のプレゼント。

17

4年生は「となりのトトロ」、5年生は「銀河鉄道 999」の英語バージョンを歌いました。歌の途中から何人かが踊りだし、勢いに乗って走り出し、みんなとタッチをして回るという盛り上がりよう。

楽しいひと時を過ごしました。

小5児童の英語の挨拶で交流会終了。

10

〈子どもたちの感想〉

・だんだんと英語を自分から話すことができて良かった。

・ダービースクールの人たちと一緒に過ごせてとっても嬉しかった。

・今後の英語の勉強を頑張りたい。

・1月にダービースクールを訪問することがますます楽しみになりました。

・英語を使ってたくさんの人と親しくなれた。

・自分の英語が伝わって嬉しかった。

・何人かの人と親しくなれた。次に会うのがとても楽しみ。

 

初めは戸惑いながらコミュニケーションを図っていましたが、さすがはセイドーボーイ! 活動を重ねるごとにどんどん仲良くなっていきました。

最後のお別れ会の前には、お互いにちょっかいを出しあったり、ハイタッチをしたりする一コマも見られました。

12

これまで学習してきた英語が通じたことで自信を持てたという子がたくさんいましたし、バスを見送った後「また交流会したいです。」とみんな口々に言っていました。

短い時間でしたが、多くの刺激を受けた交流会となりました。

次の交流会は、1月にダービースクールを訪問して行われる予定です。

その日をまた楽しみして待ちましょう。

Facebookコメント

最近の投稿

唯一無二 男子校 小中高合同 第39回体育祭

唯一無二 男子校 小中高合同 第39回体育祭

4月30日(金)、精道三川台小・中学高等学校 第39回 体育祭が、「完全指定制による観客の人数制限」「午前中のみの時間短縮」など、感染対策を講じたうえで実施しました。 今年のスローガンは、「New Challenge 〜新時代を駆け抜けろ!...
5月のモットー「敬愛」

5月のモットー「敬愛」

毎年復活祭の日に述べられるメッセージの中で教皇は、その時その時の世界で支援を必要としている人たちのことを特に取り上げて、心にとめるよう全世界の人々に訴えられます。フランシスコ教皇は、今年のメッセージで、コロナのために戦っている人々、その影響...
デザイン あ

デザイン あ

昨年度、43期生は図工の授業の一環で、NHK Eテレ「デザインあ」のコーナー「みんなのあ」に作品応募しました。 その中で、当時1年生だった2人の作品が佐藤卓さんと中村勇吾さんに選ばれ、めでたく全国放送されることとなりましたので紹介します。 ...
6年理科「物の燃え方」

6年理科「物の燃え方」

ただ今6年理科では、物の燃え方の学習をしています。これまでの学習では物が燃えるためには酸素が必要という事を実験で確認しました。その後、物を燃やしやすくするには、細かくしていくと空気中の酸素と触れ合う面が大きくなって燃えやすくなることも学習し...
More
Return Top