精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

サッカー kuruli カップ U10 準優勝

サッカー kuruli カップ U10 準優勝

10月23日(日)、琴海南部グラウンドで行われたkuruli cupに参加しました。
全18チームが4つのパートに分かれ予選を戦いました。
 

予選は2試合。
1試合目は「セレスト1
st」と対戦。
一進一退の攻防が続きましたが最後の最後に失点し惜敗。
 

続く予選2試合目は「白似田」との対戦。
攻守のバランスがうまくはまり、チャンスを確実に決めきることができ8対0で勝利しました。
 

予選は、4チーム中2位という結果で午後のトーナメント戦に進みました。 

トーナメント1回戦はシードで2回戦からの戦いでした。2回戦は西坂との対戦。開始早々、何度も押し込まれるシーンがありましたが、皆で身体を張ってゴールを割らせません。失点こそしましたが、決定機を確実に決めきり2対1で勝利しました。 


トーナメント3回戦はノルテドールとの対戦
別のパートを予選1位で勝ち上がってきたチームなので、簡単にゴールを奪えません。
しかしカウンターから2ゴールを奪い、2対1で勝利することができました。
 

準決勝はKurulistとの対戦。
ここもまた予選で別のパートを1位で勝ち上がってきたチームです。
開始早々、何度も押し込まれるシーンがありましたが、4年生が奮闘。
身体を張ってゴールを死守し、コート内では声を掛け合い、ポジションのバランスを取りながら自分たちで修正していきました。
攻撃と守備の切り替えもうまくいき、なんとか2対1で勝利することができました。
 

決勝戦は予選1試合目で負けているセレスト1stとの対戦。
連戦で疲労が蓄積されている中、子ども達、本当によく頑張りました。
意地でも決める、意地でも守るという気持ちがプレイの随所に出ていました。
しかし、
PKを含む3失点で0対3で負け準優勝という結果でした。 


4年生が、スライディングをして意地でもゴールを入れさせないというプレイや味方とのダイレクトプレイからのゴールなど、下級生のお手本となるプレイが随所に見られました。

また3年生は、
「先生、次の試合はいつですか?」
「もっと上手になってやる!」
などと少しずつ意識が変わってきました。
 

今回の結果は、本当にみんなで勝ち取った準優勝でした。
結果はもちろん大事ですが、一人ひとりの成長の過程をより大事にしたいと思います。
 

Facebookコメント

最近の投稿

「うちゅうみみず  スペースワームくん」

「うちゅうみみず スペースワームくん」

「未来にあったらいいな」と思うアイディアを作品にするHONDA主催の『第20回 子ども アイデア コンテスト』で、1年生が厳しい審査を突破し、見事最終審査に進みました。 夏休みを利用し個人的に取り組んだ作品で、「うちゅうみみず スペースワー...
サッカー W優勝

サッカー W優勝

11月27日(日)、東彼杵で行われた「彼杵 cup」に参加しました。参加カテゴリーはU10とU12の2チームです。 それぞれのカテゴリー4チームずつで優勝を争いました。 U10は3戦全勝で優勝。3試合で多くの得点を奪い、そして無失点で大会を...
12月のモットー「寛大」

12月のモットー「寛大」

司祭になるための勉強をローマ(イタリア)で行っていた時、私はCARF(ローマ学術センター基金)という団体から奨学金をいただいていました。この基金は世界中から司祭になることを志してローマに集まってきていた学生の支援を使命としていて世界各地の篤...
4・5年生 親子合同レクリエーション

4・5年生 親子合同レクリエーション

11月19日、小学4・5年生は授業参観、オリエンテーション後、第二体育館で合同レクリエーションを行いました。 青赤白黄の4色に別れ、三つの種目で合計点数を競うというものです。 まずは、バスケットボールシュート大会。真剣な眼差しでシュートをし...
More
Return Top