精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

食物アレルギーについてのお話

食物アレルギーについてのお話

本校の小中高家庭科を指導しており、かつ「厚生労働省アレルギー疾患対策推進協議会委員」である益子美沙子先生より、1年生の生活科学習と5年生の学活の中で、食物アレルギーについての講座をしていただきました。

 

まずは1年生です。
主に使った教材は

ピアサポートF.A.café さんの入園入学マニュアル 

https://www.facafe.org/famanual 

デジタル絵本はナレーション付きのデータを使いました。 
集中して見てくれて、その後の質疑応答が大いに盛り上がりました。 

最後に「アレルギーピアサポーター認定書」を渡すと、児童たちは大喜びで誇らしげでした。 データの中にはアレルギーに関するポスターも添付されており、わかりやすく、使いやすいものなので教室掲示しています。 

 みなさん今日学んだことをしっかりと生かしてくださいね。 

次に、5年生に、同じく益子美沙子先生より、食物アレルギーについての講座をしていただきました。 

熱心に聞き、クイズにもたくさん答えました。 
主に使った教材は 

NHK for school u&i 
「嫌いだから食べてくれないの」
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005190175_00000 

 主な内容としては
転校してきたユウくんはアイちゃんからのプレゼントをもらって困っていた。 
・アイちゃんはプレゼントを嫌がられショックだった 
・ユウくんは「ぼくには食物アレルギーがある」と転校の挨拶で言っていた。 
・食べものの好き嫌いとアレルギーの違い 
・エピペンとは。 

担任との事前の話でエピペン(アナフィラキシーなどの症状が出た時に使用し症状が悪くなるのを抑えるための補助治療剤)の話も出て、エピペンの動画を見て「エピペントレーナー(エピペンのデモンストレーション用)」を使用し自分に打つことも体験しました。 

まとめとして、アレルギーについて大切にして欲しいことを話しました。 

・アレルギーをもっている友達がまわりにいたら、気をつける。 
・アレルギーが体の中に入らなければみんなと変わらない。 
・アレルギーのある人はみんなと一緒のものが食べたいこともあるし、その場合アレルギーのない人 に対して「いいな」と感じている。 
・親は給食のメニューをチェックし、アレルギーの 出ない食品を使ってお弁当を作ったりしている。 
・違うものを食べることを、お互いに認め合おう。 

特に「好き嫌いとアレルギーについて」しっかりと伝えることができたかと思います。

みなさん今日学んだことをしっかりと生かしてくださいね。 

Facebookコメント

最近の投稿

アメリカからもお客様 来校

アメリカからもお客様 来校

アメリカのシカゴにある姉妹校「ノースリッジ ハイスクール」を卒業し、現在大学1年生のクリストス・ローマン君が来校しました。 日本文化や日本語にとても関心のある彼は、夏休みを利用して本校を訪れました。早速、4年生にパワーポイントを使って自己紹...
“でこぼこ”だってキャンバスに

“でこぼこ”だってキャンバスに

6年生は、図工で「ここから見ると」という単元の学習をしました。 場所の奥行きを生かして、楽しく見えるものをつくります。 1年生が楽しめるようにと、目線の高さや、どんな作品にするかにも、気を付けました。 作製中に、低学年からよく質問を受けてい...
囲碁の全国大会 出場へ

囲碁の全国大会 出場へ

第43回少年少女囲碁大会長崎県大会において、本校4年生が準優勝となり全国大会出場権を獲得しました。全国大会は8月に行われ、2年連続の出場となります。活躍を楽しみにしたいと思います。
外国からの久しぶりのお客様

外国からの久しぶりのお客様

スペインのパンプローナにある姉妹校「エル・レディン」を卒業し、現在「バルセロナ大学(大学院1年)」に通うハビエル・ビニェタさんが、6月2日やって来ました。 8月までの3ヶ月間、本校でインターンシップを経験します。 コロナ禍のため、なかなか日...
More
Return Top