精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

10月のモットー「誠実」

10月のモットー「誠実」

2009年に日本で上映された「グラン・トリノ」という映画をご存知でしょうか。
主人公であるコワルスキーは80歳ぐらいのおじいちゃんで、気難しく、間違ったことは許せない厳しい性格の持ち主です。
この映画のある場面がとても印象に残りました。
それは、コワルスキーがずっと避けていた告解の秘跡を受けに行く、という場面です。
告解の秘跡とは、自分が犯した罪を認め、神父にそれを告白し、その罪を許していただくという秘跡です。
コワルスキーは、今まで言うことが出来なかった罪を若い神父に包み隠さず告白しました。
間違ったことに厳しい性格のコワルスキーにとって、自分の罪を認め、許しを願うことはどれほどの勇気が必要だったのでしょうか。
コワルスキーが罪を言い終えたあたりで、その神父は尋ねます。
「それだけですか?」。
その言葉に対して、コワルスキーは驚き、そして言いました。
「それだけだって?ずっと気にしていたのに!」。
コワルスキーにとっては相手を驚かせるほどの恥ずかしい罪だと感じていましたが、全ての罪を許してくれる寛大な神様の前ではそれらの罪はちっぽけなことだったのです。
コワルスキーは、ずっと気にしていた悩みが一気になくなり、喜びでいっぱいになったようでした。

学校生活では、楽しいこともあれば悩むこともあります。
楽しいことがあれば思いっきり楽しんでください。
悩むことがあれば信頼できる人に包み隠さずすべてを相談してみてください。
自分が考えているよりも小さなことだったと気づいて前進できるでしょう。

カトリックの教えについて、もっと詳しく知りたい方は、以下のリンクをご覧ください。
精道三川台中学・高等学校「カトリックの教え」
オプス・デイ ジャパン「信仰を育む」

本校では、毎日の生活の中で、特に注意して果たしていく徳目を月ごとに決めています。
児童生徒のみならず、教職員も意識し、それぞれの年齢にあった目標を掲げています。
また毎月、学校新聞「たけうま」に教員が交代で、その月のモットーについて書いています。
各月のモットーは、以下の通りです。

モットー
4月 礼儀
5月 敬愛
6月 勤勉
7月 友情
8月 英雄的瞬間
9月 責任感
10月 誠実
11月 秩序
12月 寛大
1月 清貧
2月 剛毅
3月 感謝

Facebookコメント

最近の投稿

第42回「あじさい劇場」Part 2

第42回「あじさい劇場」Part 2

4年生は「令和落語2024」。 「時そば」「代筆屋」「まんじゅう こわい」の3話構成です。 それぞれの場面でしっかり笑いを取る4年生でした。 5・6年生による合奏は、「YOASOBI メドレー」「ジュラシック・パーク」「ウィリアム・テル序曲...
第42回「あじさい劇場」Part 1

第42回「あじさい劇場」Part 1

6月29日(土)、第42回「あじさい劇場」をチトセピアホールで開催しました。 児童会会長の挨拶でスタートです。 最初は2年生の劇「続・ももたろう」。 ももたろうに助けられ、心を入れ替えた鬼たちの物語。   次は、3年生「おおかみの おなかの...
姉妹校サウスリッジの生徒が来校

姉妹校サウスリッジの生徒が来校

フィリピンの姉妹校サウスリッジの生徒が来校し、3年生とも交流をしました。 フィリピンの食べ物やお祭りについてプレゼンテーションが行われ、子どもたちは興味津々。真剣な表情で話を聞きました。 最後に英語で感謝の思いを伝えることができました。
More
Return Top