精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

9月のモットー「責任感」

9月のモットー「責任感」

(学校新聞「たけうま」より)

 世間は金メダルを取った人や、チャンピオンになった人を称賛します。また、国を動かした偉大な武将や将軍たちを英雄と呼んで憧れます。しかし、そんな人生を送るのはごく限られたほんの一握りの人に過ぎません。それ以外の人々は誰からも省みられることなく平凡に生きて、平凡に死んでいきます。社会で成功する人生だけに価値があり、平凡な人生には平凡な価値しかないのでしょうか?それでは、ずいぶんと不公平な感じがします。
 ここにいる人の中から偉大な仕事を成し遂げる人が出て来るかもしれません。それは嬉しいことですが、多くの人は、きっと平凡な人生を送ることになると思います。来る日も来る日も同じことの繰り返し、目立たない仕事。それは金メダルほどの価値がないのでしょうか?そんなはずがありません。誰もが気づいているはずです。今の自分がいるのは誰のお陰ですか?母親が毎日毎日、ご飯を作り、洗濯をして、服を着せて世話をしてくれたお陰です。そうやって立派に学生生活を普通に送っているのです。この目立たない母親の仕事が人生を支えています。人間は、目の前の人を幸せにするために生きていると言ってもいいぐらいです。世間に誉めてもらうためではないのです。それを直接に求めると道から外れていくような気がします。勉強も仕事も同じ心で取り組むべきでしょう。自分のためではなく、人に仕えるため、役に立つためです。仕事は「物事を通して人に仕える」と書きますが、その通りですね。これが人生を本当に生きる指針になります。目立たないけれど、誰からも金メダルをもらわないけれど、心にプライドを持って自分の役割を喜んで果たせるような人間を目指しましょう。NHKで人気のあった「プロジェクトエックス」の主題歌「地上の星」は、そんな人生を称賛しています。興味のある人は検索して聞いてみてください。

本校では、毎日の生活の中で、特に注意して果たしていく徳目を月ごとに決めています。
児童生徒のみならず、教職員も意識し、それぞれの年齢にあった目標を掲げています。
また毎月、学校新聞「たけうま」に教員が交代で、その月のモットーについて書いています。
各月のモットーは、以下の通りです。

モットー
4月礼儀
5月敬愛
6月勤勉
7月友情
8月英雄的瞬間
9月責任感
10月誠実
11月秩序
12月寛大
1月清貧
2月剛毅
3月感謝

Facebookコメント

最近の投稿

唯一無二 男子校 小中高合同 第39回体育祭

唯一無二 男子校 小中高合同 第39回体育祭

4月30日(金)、精道三川台小・中学高等学校 第39回 体育祭が、「完全指定制による観客の人数制限」「午前中のみの時間短縮」など、感染対策を講じたうえで実施しました。 今年のスローガンは、「New Challenge 〜新時代を駆け抜けろ!...
5月のモットー「敬愛」

5月のモットー「敬愛」

毎年復活祭の日に述べられるメッセージの中で教皇は、その時その時の世界で支援を必要としている人たちのことを特に取り上げて、心にとめるよう全世界の人々に訴えられます。フランシスコ教皇は、今年のメッセージで、コロナのために戦っている人々、その影響...
デザイン あ

デザイン あ

昨年度、43期生は図工の授業の一環で、NHK Eテレ「デザインあ」のコーナー「みんなのあ」に作品応募しました。 その中で、当時1年生だった2人の作品が佐藤卓さんと中村勇吾さんに選ばれ、めでたく全国放送されることとなりましたので紹介します。 ...
6年理科「物の燃え方」

6年理科「物の燃え方」

ただ今6年理科では、物の燃え方の学習をしています。これまでの学習では物が燃えるためには酸素が必要という事を実験で確認しました。その後、物を燃やしやすくするには、細かくしていくと空気中の酸素と触れ合う面が大きくなって燃えやすくなることも学習し...
More
Return Top