精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

11月のモットー「秩序」

11月のモットー「秩序」

大きな石を置く!

社会で生きていくためには、小さな決め事をたくさん守らなくてはいけません。
それをしなければ何事も実現しません。
しかし、それに追われて肝心の仕事自体が疎かになれば、本末転倒、仕事の実りは生まれません。
確かに「決め事」を忠実に行えば、人生で大きな失敗はしないかもません。
でも、失敗しないことが人生の目標でしょうか?そんなはずはありません。
自分は何をしようとしているのですか?目的は何ですか?それこそが一大事です。
 
面白い実験があります。
空っぽの容器に石を入れる実験です。
大きな石、小石、砂利、砂があります。
まず大きな石を入れます。
まだ隙間があります。
そこへ小石を入れます。
まだ隙間があります。
そこへ砂利を入れ、
最後に砂を入れます。
すると場所を無駄なく埋めて、容器はいっぱいに詰まります。
しかも、大中小と揃い秩序があります。
その逆をすると、どうなりますか?
最初の砂でいっぱいになり、大きな石は入れたくても入りません。
忙しいけど無秩序な状態です。
 
この容器は人生を表しています。
目的をしっかり見つめないまま、日々を忙しく過ごすと、いつの間にか「やらされている」作業、つまり砂でいっぱいです。
肝心の大きな石が入る場所がありません。
砂のように思える雑用でも、それは大きな仕事と繋がっています。
人々に役に立つため、奉仕するための仕事です。
大きな石と砂がしっかり繋がっているのです。
心に志という大きな石がなければ、「砂を噛むような」ただの雑用に思えるでしょう。

本校では、毎日の生活の中で、特に注意して果たしていく徳目を月ごとに決めています。
児童生徒のみならず、教職員も意識し、それぞれの年齢にあった目標を掲げています。
また毎月、学校新聞「たけうま」に教員が交代で、その月のモットーについて書いています。
各月のモットーは、以下の通りです。

モットー
4月 礼儀
5月 敬愛
6月 勤勉
7月 友情
8月 英雄的瞬間
9月 責任感
10月 誠実
11月 秩序
12月 寛大
1月 清貧
2月 剛毅
3月 感謝

Facebookコメント

最近の投稿

唯一無二 男子校 小中高合同 第39回体育祭

唯一無二 男子校 小中高合同 第39回体育祭

4月30日(金)、精道三川台小・中学高等学校 第39回 体育祭が、「完全指定制による観客の人数制限」「午前中のみの時間短縮」など、感染対策を講じたうえで実施しました。 今年のスローガンは、「New Challenge 〜新時代を駆け抜けろ!...
5月のモットー「敬愛」

5月のモットー「敬愛」

毎年復活祭の日に述べられるメッセージの中で教皇は、その時その時の世界で支援を必要としている人たちのことを特に取り上げて、心にとめるよう全世界の人々に訴えられます。フランシスコ教皇は、今年のメッセージで、コロナのために戦っている人々、その影響...
デザイン あ

デザイン あ

昨年度、43期生は図工の授業の一環で、NHK Eテレ「デザインあ」のコーナー「みんなのあ」に作品応募しました。 その中で、当時1年生だった2人の作品が佐藤卓さんと中村勇吾さんに選ばれ、めでたく全国放送されることとなりましたので紹介します。 ...
6年理科「物の燃え方」

6年理科「物の燃え方」

ただ今6年理科では、物の燃え方の学習をしています。これまでの学習では物が燃えるためには酸素が必要という事を実験で確認しました。その後、物を燃やしやすくするには、細かくしていくと空気中の酸素と触れ合う面が大きくなって燃えやすくなることも学習し...
More
Return Top