精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

百聞は一見にしかず

百聞は一見にしかず

現在、理科の授業では「川の流れ」を学習しています。

上流・中流・下流では、流れる水の速さや石の大きさ・形にも違いがあること。

また、流れる水には、

 

①:土地を浸食する。

②:石や土などを運搬する。

③:石や土などを堆積させるということを学びました。

 

それでは実際にやってみよう!ということで、砂場を使って実験を行いました。

1

3

4

「教室で学んだ『水の流れ』について確認した後、みんなで砂山を作りました!」

6

「上から水を流すと・・・さあどうでしょう!

子どもたちからも『おっ!水行け~!!』という声が。」

7

「教室で学んだ通り、水の力で土が浸食され、土砂が運搬・堆積されていきました!」

 

~ 子どもたちの感想 ~

◆授業で習った通り、川の内側と外側では水のスピードが違った。外側は流れが速く、内側は流れが遅かった。

◆実際に実験するっていいですね!本当に習った通りに土砂が堆積されていきました。

 

Facebookコメント

最近の投稿

12月のモットー「寛大」

12月のモットー「寛大」

(学校新聞「たけうま」より)  日本語の寛大という言葉の意味は幅広いようですが、学校のモットーである「寛大」の起源である西洋の言葉は、英語ではgenerosityであり(これは実は寛大さの意)ます。これは「ケチでない」とか「気前が良い」とい...
小1さんすう『じんとりゲーム』

小1さんすう『じんとりゲーム』

 算数の単元「どっちが広い?」でじんとりゲームをしました。ルールは、グーで勝ったら1マス、チョキで勝ったら2マス、パーで勝ったら3マス、マスに色を塗ることができるというものです。マスの数は全部で25マス。どうなってしまうのか!? ジャンケン...
小音会

小音会

11月13日にブリックホールで行われた長崎市小学校音楽会に出演しました。本校は第2日午後の部の大トリでした。曲は「アルルの女」よりファランドールを合奏しました。この曲は、王の行進と馬のダンスと呼ばれる2つの旋律があります。リコーダーや、鍵盤...
More
Return Top