精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

百聞は一見にしかず

百聞は一見にしかず

現在、理科の授業では「川の流れ」を学習しています。

上流・中流・下流では、流れる水の速さや石の大きさ・形にも違いがあること。

また、流れる水には、

 

①:土地を浸食する。

②:石や土などを運搬する。

③:石や土などを堆積させるということを学びました。

 

それでは実際にやってみよう!ということで、砂場を使って実験を行いました。

1

3

4

「教室で学んだ『水の流れ』について確認した後、みんなで砂山を作りました!」

6

「上から水を流すと・・・さあどうでしょう!

子どもたちからも『おっ!水行け~!!』という声が。」

7

「教室で学んだ通り、水の力で土が浸食され、土砂が運搬・堆積されていきました!」

 

~ 子どもたちの感想 ~

◆授業で習った通り、川の内側と外側では水のスピードが違った。外側は流れが速く、内側は流れが遅かった。

◆実際に実験するっていいですね!本当に習った通りに土砂が堆積されていきました。

 

Facebookコメント

最近の投稿

体育祭 代替会 開催

体育祭 代替会 開催

毎年4月に行われている小中高合同体育祭が、新型コロナ感染拡大防止のため中止となりましたが、今回、その代替会「男たちの熱き闘い」を開催しました。 児童生徒が休憩をとるテントを通常の2倍にし、3密を避け、プログラムも短縮し、感染対策を講じた上で...
令和2年度「夏休み作品展」

令和2年度「夏休み作品展」

毎年恒例の「夏休み作品展」ですが、今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Web上で保護者の方のみへの公開といたします。 児童の作品は、保護者プリントでお知らせしましたパスワードを入力して、以下のリンク先よりご覧ください。 尚、ブログ...
More
Return Top