精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

お知らせ

    12月のモットー「寛大」

    12月のモットー「寛大」

    クリスマスが近づいています。

    街のあちこちに飾り付けが目につくようになりました。

    ところでクリスマスは救い主イエス・キリストの誕生を祝う日なわけですが、
    聖書にはどのように記されているのでしょうか?

    実は非常に単純素朴にあっさりと、
    僅か10行にも満たない記述があるのみです。

    後半部分を見て見ましょう。

    「ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。」(ルカによる福音書2章8節)

    全世界の創り主である神様が、無防備な赤ちゃんとしてお生まれになりました。
    しかも村の人々は赤ちゃんのために場所を提供することなく、
    神の御子は粗末な馬小屋に生まれ、
    布にくるまれてベッドではなく、
    飼い葉桶に寝かされています。

    イエスはその生涯を通して私たちに語りかけているわけですが、
    誕生の出来事は私たちへの最初の
    身を張ったメッセージと言えるでしょう。

    「私はここまでしました。あなたはどうしますか?」

    人々の救いのために人生のあらゆることを捧げているイエスの姿は、
    自らの快適さや心地よさや便利さを(ほんの少し)投げ打って、
    周りの人のために自分にできる小さなことを
    大きな心で果たす意味を私たちに発見するよう促しているのではないでしょうか。

    「お手伝いしようか?」
    「何かすることある?」
    そんな優しい小さな言葉の中に
    心の大きさ、寛大さが見て取れるでしょう。
    クリスマスを寛大な奉仕の心で迎えるほど素晴らしい準備はないと言えます。

    カトリックの教えについて、もっと詳しく知りたい方は、以下のリンクをご覧ください。
    精道三川台中学・高等学校「カトリックの教え」
    オプス・デイ ジャパン「信仰を育む」

    本校では、毎日の生活の中で、特に注意して果たしていく徳目を月ごとに決めています。
    児童生徒のみならず、教職員も意識し、それぞれの年齢にあった目標を掲げています。
    また毎月、学校新聞「たけうま」に教員が交代で、その月のモットーについて書いています。
    各月のモットーは、以下の通りです。

    モットー
    4月 礼儀
    5月 敬愛
    6月 勤勉
    7月 友情
    8月 英雄的瞬間
    9月 責任感
    10月 誠実
    11月 秩序
    12月 寛大
    1月 清貧
    2月 剛毅
    3月 感謝

    Facebookコメント

    最近の投稿

    2023年度 なわとび大会

    2023年度 なわとび大会

    2月17日、小学校はなわとび大会を実施しました。 前半は3・4・5年生、後半は1・2・6年生の2部に分けて行いました。 短縄は自分で選んだ種目について30秒間で何回とべるかを競う競技です。 今年度も大会記録が出ました。 隼(二重あやとび)6...
    1年生 英語で”Raz Plus”始動

    1年生 英語で”Raz Plus”始動

    1年生の英語では、多読指導の一環で『 Raz Plus 』にも取り組んでいます。タブレットを使って取り組める『 Raz Plus 』は、アメリカで開発された第二外国語として英語を学ぶためのアプリです。このアプリを使用すると、英語の文字が持つ...
    カルビー 出張授業 受講

    カルビー 出張授業 受講

    6年家庭科の授業内にて、カルビー様の出張授業を受講しました。 「カルビーの食育」https://www.calbee.co.jp/foodcom/ 子どもたちが健やかな食生活を送れるよう、食習慣について自分自身で気づき・考え・行動できるよう...
    2月のモットー「剛毅」

    2月のモットー「剛毅」

    今年7月3日に発行される1万円新紙幣に肖像として印刷されるのが偉人と称される渋沢栄一(1840〜1931年)。2021年の大河ドラマ「青天を衝け」(せいてんをつけ)の主人公でも有名になった剛毅の人だ。 彼は、「日本資本主義の父」とも呼ばれ、...
    More
    Return Top