精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

いざ、あじさい劇場の本番へ!

いざ、あじさい劇場の本番へ!

約1ヶ月にわたり練習に励んできた劇や合奏が、残すところわずかとなりました。

体育館で練習する1年生

本番に向けて子どもたちは、何度も練習を重ねてきました。

劇を行う1年生から4年生にとって、大きなチトセピアホールで行うのは初めて。

たくさんのお客さんを前に緊張して台詞を忘れてしまうなど、本番では何が起こるかわかりませんがそれも経験です。
みんなで力を合わせ、Possumus(ラテン語で「私たちはできます」の意)の精神で、うまく乗り越えてくれると信じています。

いざ、あじさい劇場本番へ!

Facebookコメント

最近の投稿

第42回「あじさい劇場」Part 2

第42回「あじさい劇場」Part 2

4年生は「令和落語2024」。 「時そば」「代筆屋」「まんじゅう こわい」の3話構成です。 それぞれの場面でしっかり笑いを取る4年生でした。 5・6年生による合奏は、「YOASOBI メドレー」「ジュラシック・パーク」「ウィリアム・テル序曲...
第42回「あじさい劇場」Part 1

第42回「あじさい劇場」Part 1

6月29日(土)、第42回「あじさい劇場」をチトセピアホールで開催しました。 児童会会長の挨拶でスタートです。 最初は2年生の劇「続・ももたろう」。 ももたろうに助けられ、心を入れ替えた鬼たちの物語。   次は、3年生「おおかみの おなかの...
姉妹校サウスリッジの生徒が来校

姉妹校サウスリッジの生徒が来校

フィリピンの姉妹校サウスリッジの生徒が来校し、3年生とも交流をしました。 フィリピンの食べ物やお祭りについてプレゼンテーションが行われ、子どもたちは興味津々。真剣な表情で話を聞きました。 最後に英語で感謝の思いを伝えることができました。
More
Return Top