精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

2年 観察名人になろう

2年 観察名人になろう

生活科でミニトマトを栽培しています。
小さな苗から育て始めたのですが、だいぶ実がつきはじめました。
その様子を目の当たりにして、子どもたちはこれまで以上にお世話を頑張っています。

さて、国語では「かんさつ名人になろう」の単元を学習しています。
この単元では、以下の3点を理解させたいと思っています。

①「記録をとる」ことの重要性を認識させること。
② 前に起きたことを知ることができるのは、記録が残されているからであること。
③ 何を見て書いているのか、何がどうなっているのかを意識することで観察した視点がはっきりすること。

また、「○○が、~である。」という文の基本形をしっかり押さえた上で、文と文との続き方に注意しながら、つながりのある文章を書かせたいと思っています。

観察のために教室を出ようとしたとき、Aくんが
「先生、1m定規を貸してください!」と言いました。
「どうして?」と聞くと、A君は、
「ミニトマトの苗が大きくなってきて、ぼくたちが持っている定規では足りないんです。」

Aくんは、数日前、生活科の時間に観察したときのことを思い出し、瞬時に15cm定規では長さが足りないことに気づき、ミニトマトの苗の高さを測るには1m定規が必要だと判断したのでしょう。

教科の壁をすんなり乗り越え、自ら解決しようとする子どもたち。

1m定規を使っているところ

子どもたちは、対象をしっかり見る、毎日見る、1日に何度も見るという行為を通して、観点が増えたり、観察題材の様子が変化したりすることを体験しています。
実際観察に行くと、A君が1m定規で苗の高さを測っているその隣では、B君が実に鼻を近づけにおいをかいでいました。

他にも、実の手触りを確かめていたり、一つひとつの実の大きさを確かめている子どももいました。

子どもたちは、それぞれの観点の記録を細かく記録に残していました。

スケッチした絵

 

5月27日(木) くもり
ミニトマトのみが大きくなってきました。
もうすぐおいしいミニトマトのみになりそうです。
いちばん大きいみでタンポポの花ぐらいです。
小さいみは小さいビー玉ぐらいです。
色はまだみどり色です。
ミニトマトの数は9こでした。
さわってみたら赤いトマトと同じぐらいつるつるしていました。
赤いミニトマトになってたべるのがたのしみです。

よく観察し記録することができました。
 

Facebookコメント

最近の投稿

「小さな自分」のものがたり

「小さな自分」のものがたり

3年図工で、「『小さな自分』のおきにいり」の学習をしました。 本来なら、「小さくなった自分」の視点から見て、『面白いと思った場所をお気に入りの場所に作り替えていく』といった活動を行います。 しかし、国語で学習した「たからじまのぼうけん」の影...
1月7日 3学期 始業式

1月7日 3学期 始業式

1月7日(金)、3学期 始業式が行われました。 「新年明けましておめでとうございます。」の挨拶で始まった校長先生の話。 「努力を続ければ、一直線に伸びていくとは限りません。努力をしているのに、なかなか伸びない時もあります。うまくいったかなと...
1月のモットー「清貧」

1月のモットー「清貧」

「何を食べ、何を着ようかと思い煩うな」と福音書は戒めています。現代人にぴったりです。この欲が人間を不安にさせ、多くのものに囲まれながら心は満たされず、人々を不幸にしています。必要なものがあれば満足して、それ以上を求めなければ心は平和です。と...
授業参観・クラスレクリエーション

授業参観・クラスレクリエーション

2年生の子どもたちにとって、入学して初めての授業参観でした。 授業は、算数「はこの形」の2時間目。 毎時間、授業の導入5分間はiPad内の計算アプリで演習します。 シーンと静まり返った教室で、子どもたちが黙々と計算と向き合う様子を観ていただ...
More
Return Top