精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

2年 観察名人になろう

2年 観察名人になろう

生活科でミニトマトを栽培しています。
小さな苗から育て始めたのですが、だいぶ実がつきはじめました。
その様子を目の当たりにして、子どもたちはこれまで以上にお世話を頑張っています。

さて、国語では「かんさつ名人になろう」の単元を学習しています。
この単元では、以下の3点を理解させたいと思っています。

①「記録をとる」ことの重要性を認識させること。
② 前に起きたことを知ることができるのは、記録が残されているからであること。
③ 何を見て書いているのか、何がどうなっているのかを意識することで観察した視点がはっきりすること。

また、「○○が、~である。」という文の基本形をしっかり押さえた上で、文と文との続き方に注意しながら、つながりのある文章を書かせたいと思っています。

観察のために教室を出ようとしたとき、Aくんが
「先生、1m定規を貸してください!」と言いました。
「どうして?」と聞くと、A君は、
「ミニトマトの苗が大きくなってきて、ぼくたちが持っている定規では足りないんです。」

Aくんは、数日前、生活科の時間に観察したときのことを思い出し、瞬時に15cm定規では長さが足りないことに気づき、ミニトマトの苗の高さを測るには1m定規が必要だと判断したのでしょう。

教科の壁をすんなり乗り越え、自ら解決しようとする子どもたち。

1m定規を使っているところ

子どもたちは、対象をしっかり見る、毎日見る、1日に何度も見るという行為を通して、観点が増えたり、観察題材の様子が変化したりすることを体験しています。
実際観察に行くと、A君が1m定規で苗の高さを測っているその隣では、B君が実に鼻を近づけにおいをかいでいました。

他にも、実の手触りを確かめていたり、一つひとつの実の大きさを確かめている子どももいました。

子どもたちは、それぞれの観点の記録を細かく記録に残していました。

スケッチした絵

 

5月27日(木) くもり
ミニトマトのみが大きくなってきました。
もうすぐおいしいミニトマトのみになりそうです。
いちばん大きいみでタンポポの花ぐらいです。
小さいみは小さいビー玉ぐらいです。
色はまだみどり色です。
ミニトマトの数は9こでした。
さわってみたら赤いトマトと同じぐらいつるつるしていました。
赤いミニトマトになってたべるのがたのしみです。

よく観察し記録することができました。
 

Facebookコメント

最近の投稿

サッカー W優勝

サッカー W優勝

11月27日(日)、東彼杵で行われた「彼杵 cup」に参加しました。参加カテゴリーはU10とU12の2チームです。 それぞれのカテゴリー4チームずつで優勝を争いました。 U10は3戦全勝で優勝。3試合で多くの得点を奪い、そして無失点で大会を...
12月のモットー「寛大」

12月のモットー「寛大」

司祭になるための勉強をローマ(イタリア)で行っていた時、私はCARF(ローマ学術センター基金)という団体から奨学金をいただいていました。この基金は世界中から司祭になることを志してローマに集まってきていた学生の支援を使命としていて世界各地の篤...
4・5年生 親子合同レクリエーション

4・5年生 親子合同レクリエーション

11月19日、小学4・5年生は授業参観、オリエンテーション後、第二体育館で合同レクリエーションを行いました。 青赤白黄の4色に別れ、三つの種目で合計点数を競うというものです。 まずは、バスケットボールシュート大会。真剣な眼差しでシュートをし...
低学年 鍛錬遠足

低学年 鍛錬遠足

11月4日(金)、女神大橋を歩き、神の島にある「鼠島公園」を目指しました。 女神大橋を歩いて渡るのが初めてという子が多く、橋の上から見る景色や行き交う船を見て喜んでいる姿が印象的でした。 橋の上では「風強っ!」とか「ヤッホー!」と船に声をか...
More
Return Top