精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

『日本一早い!運動会の利点』〜2019年度 振り返りNo.3-2〜

『日本一早い!運動会の利点』〜2019年度 振り返りNo.3-2〜

一般的な流行りに流されることなく、独自の方針を大切にしてきた結果

3年前から、運動会は4月中に開催することになりました。

小学校の運動会としては、日本一早く開催さている!と自負しております。(自慢する事ではないのですが)

四月中に運動会を開催する利点として、これまでに保護者様から頂いた、お声を元にいつくか紹介させていただきます。

保護者様からの声

そこまで暑くなく、心地よい時期

気候変動が激しい時代です。四月下旬には25度以上に気温が上がることもありますが、なんとか運動会には最適な気候ではないでしょうか。ちなみに、精道三川台は山の上なので涼しいです。

開会式が早い!競技開始までの時間が短い

正直、校長の挨拶も手短かです。来賓の方のご挨拶も、生徒たちの熱中症対策に、お気遣い頂き、とても早く感じます。

1開会のことば
2国旗掲揚
3生徒代表あいさつ
4優勝旗返還
5選手宣誓
6はじめの体操

気がつくと行進開始から15分くらいで、競技開始に移っています。

小学生から高校生までが一緒という空間が、とても新鮮

小中高生全学年の、合同の運動会となっております。それぞれを4色のチームに色分けして、小学校1年生から高校3年生までが一緒のチームになり、共に戦います!

特に応援合戦は、見所ではないでしょうか!

最後に

新入生にとっては、学校に慣れるためのエネルギーだけでなく、そこに運動会の練習が入り、毎日ヘトヘトです。

しかし、この運動会という目標に向かう事で、同級生との距離感が一気に縮まります。もちろん、上級生たちとも仲良くなれるんです。

それだけではなく、運動会を終えた後の1年生たちの表情は、先月まで幼稚園・保育園に通っていたの?と言わんばかりの勇ましい顔つきになります。

おまけで、昨年の運動会の風景をアップしておりますので、ご覧になられてください。

備考

2020年度の運動会の予定は、まだ未定となってしまいましたが、2021年度の運動会は、心機一転、4月の開催を予定しております。

Facebookコメント

最近の投稿

アメリカからもお客様 来校

アメリカからもお客様 来校

アメリカのシカゴにある姉妹校「ノースリッジ ハイスクール」を卒業し、現在大学1年生のクリストス・ローマン君が来校しました。 日本文化や日本語にとても関心のある彼は、夏休みを利用して本校を訪れました。早速、4年生にパワーポイントを使って自己紹...
“でこぼこ”だってキャンバスに

“でこぼこ”だってキャンバスに

6年生は、図工で「ここから見ると」という単元の学習をしました。 場所の奥行きを生かして、楽しく見えるものをつくります。 1年生が楽しめるようにと、目線の高さや、どんな作品にするかにも、気を付けました。 作製中に、低学年からよく質問を受けてい...
囲碁の全国大会 出場へ

囲碁の全国大会 出場へ

第43回少年少女囲碁大会長崎県大会において、本校4年生が準優勝となり全国大会出場権を獲得しました。全国大会は8月に行われ、2年連続の出場となります。活躍を楽しみにしたいと思います。
外国からの久しぶりのお客様

外国からの久しぶりのお客様

スペインのパンプローナにある姉妹校「エル・レディン」を卒業し、現在「バルセロナ大学(大学院1年)」に通うハビエル・ビニェタさんが、6月2日やって来ました。 8月までの3ヶ月間、本校でインターンシップを経験します。 コロナ禍のため、なかなか日...
More
Return Top