精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

『日本一早い!運動会の利点』〜2019年度 振り返りNo.3-2〜

『日本一早い!運動会の利点』〜2019年度 振り返りNo.3-2〜

一般的な流行りに流されることなく、独自の方針を大切にしてきた結果

3年前から、運動会は4月中に開催することになりました。

小学校の運動会としては、日本一早く開催さている!と自負しております。(自慢する事ではないのですが)

四月中に運動会を開催する利点として、これまでに保護者様から頂いた、お声を元にいつくか紹介させていただきます。

保護者様からの声

そこまで暑くなく、心地よい時期

気候変動が激しい時代です。四月下旬には25度以上に気温が上がることもありますが、なんとか運動会には最適な気候ではないでしょうか。ちなみに、精道三川台は山の上なので涼しいです。

開会式が早い!競技開始までの時間が短い

正直、校長の挨拶も手短かです。来賓の方のご挨拶も、生徒たちの熱中症対策に、お気遣い頂き、とても早く感じます。

1開会のことば
2国旗掲揚
3生徒代表あいさつ
4優勝旗返還
5選手宣誓
6はじめの体操

気がつくと行進開始から15分くらいで、競技開始に移っています。

小学生から高校生までが一緒という空間が、とても新鮮

小中高生全学年の、合同の運動会となっております。それぞれを4色のチームに色分けして、小学校1年生から高校3年生までが一緒のチームになり、共に戦います!

特に応援合戦は、見所ではないでしょうか!

最後に

新入生にとっては、学校に慣れるためのエネルギーだけでなく、そこに運動会の練習が入り、毎日ヘトヘトです。

しかし、この運動会という目標に向かう事で、同級生との距離感が一気に縮まります。もちろん、上級生たちとも仲良くなれるんです。

それだけではなく、運動会を終えた後の1年生たちの表情は、先月まで幼稚園・保育園に通っていたの?と言わんばかりの勇ましい顔つきになります。

おまけで、昨年の運動会の風景をアップしておりますので、ご覧になられてください。

備考

2020年度の運動会の予定は、まだ未定となってしまいましたが、2021年度の運動会は、心機一転、4月の開催を予定しております。

Facebookコメント

最近の投稿

2年 観察名人になろう

2年 観察名人になろう

生活科でミニトマトを栽培しています。小さな苗から育て始めたのですが、だいぶ実がつきはじめました。その様子を目の当たりにして、子どもたちはこれまで以上にお世話を頑張っています。 さて、国語では「かんさつ名人になろう」の単元を学習しています。こ...
税の大切さを学ぶ

税の大切さを学ぶ

社会科学習の一環として長崎税務署の方を招いて租税教室を実施しました。  納税は、日本における三大義務の一つです。本時では、「税金の意義(どうして必要なのか?)と役割(どんな所に使われるのか?)」をテーマとして、身近にある税のことや種類などを...
5年 アサガオを徹底解剖!

5年 アサガオを徹底解剖!

5年理科の授業で,「花のつくり」について学習しました。実際にアサガオの花が配られ,よく見て観察し,スケッチしました。次に花を部分ごとに分解しました。それぞれの花の部分の名前を確認しながら虫眼鏡を使ってよく観察するためです。 さらに,実体双眼...
文教クラブ「メダカ採集」

文教クラブ「メダカ採集」

本校には、「文教クラブ」(https://bunkyoclub.wordpress.com/)というものがあり、小学5・6年生、中学生、高校生を対象とした自由参加型のさまざまな活動を行っています。6月27日(月)に、その活動の一環として、5...
More
Return Top