精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

36期生 卒業

36期生 卒業

3月16日、36期生が小学校の学び舎を巣立っていきました。

卒業生の入場後、「卒業記念祭」が行われました。

厳かな雰囲気の中、校長先生から卒業証書が一人ひとりに手渡されました。

在校生代表の送辞では、卒業生への感謝と別れを惜しむ気持ちが素直に述べられ、これまで培われてきた深い絆が感じられました。

卒業生の答辞には、6年間の思い出と、家族の方々をはじめ教職員や在校生に対する感謝、これからの決意がこめられていました。

その後の「よろこびの言葉」では、36期生一人ひとりが卒自分の思いを短い言葉で表しました。

今後、益々の活躍を祈っています。

Facebookコメント

最近の投稿

「小さな自分」のものがたり

「小さな自分」のものがたり

3年図工で、「『小さな自分』のおきにいり」の学習をしました。 本来なら、「小さくなった自分」の視点から見て、『面白いと思った場所をお気に入りの場所に作り替えていく』といった活動を行います。 しかし、国語で学習した「たからじまのぼうけん」の影...
1月7日 3学期 始業式

1月7日 3学期 始業式

1月7日(金)、3学期 始業式が行われました。 「新年明けましておめでとうございます。」の挨拶で始まった校長先生の話。 「努力を続ければ、一直線に伸びていくとは限りません。努力をしているのに、なかなか伸びない時もあります。うまくいったかなと...
1月のモットー「清貧」

1月のモットー「清貧」

「何を食べ、何を着ようかと思い煩うな」と福音書は戒めています。現代人にぴったりです。この欲が人間を不安にさせ、多くのものに囲まれながら心は満たされず、人々を不幸にしています。必要なものがあれば満足して、それ以上を求めなければ心は平和です。と...
授業参観・クラスレクリエーション

授業参観・クラスレクリエーション

2年生の子どもたちにとって、入学して初めての授業参観でした。 授業は、算数「はこの形」の2時間目。 毎時間、授業の導入5分間はiPad内の計算アプリで演習します。 シーンと静まり返った教室で、子どもたちが黙々と計算と向き合う様子を観ていただ...
More
Return Top