精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

36期生 卒業

36期生 卒業

3月16日、36期生が小学校の学び舎を巣立っていきました。

卒業生の入場後、「卒業記念祭」が行われました。

厳かな雰囲気の中、校長先生から卒業証書が一人ひとりに手渡されました。

在校生代表の送辞では、卒業生への感謝と別れを惜しむ気持ちが素直に述べられ、これまで培われてきた深い絆が感じられました。

卒業生の答辞には、6年間の思い出と、家族の方々をはじめ教職員や在校生に対する感謝、これからの決意がこめられていました。

その後の「よろこびの言葉」では、36期生一人ひとりが卒自分の思いを短い言葉で表しました。

今後、益々の活躍を祈っています。

Facebookコメント

最近の投稿

2月のモットー「剛毅」

2月のモットー「剛毅」

小学校では、いよいよ縄跳び大会が近づいてきました。大会が近づくと、いつもある卒業生のことを思い出します。この卒業生は、難しい跳び方や三十秒で何回跳べるかといった課題を他の児童が次々とクリアしていくなかで、抜きん出て縄跳びが上手なわけではあり...
「タブレットを使って」2年生編

「タブレットを使って」2年生編

2年生の国語では詩の単元に入っています。今回はタブレットを使って詩を書きます。 まず、文字入力の仕方を学習しました。2年生ではまだローマ字を学習していないので、五十音順のキーボードを使って入力作業をしました。ゆくゆくはローマ字入力へと変更し...
低学年男子をやる気にさせる方法《反対言葉》

低学年男子をやる気にさせる方法《反対言葉》

先日の「実況中継」はいかがでしたでしょうか? 今回は、「反対言葉」をご紹介させていただきます。 子 ゴロゴロしながらテレビに夢中の息子・・<レベル1(1回目の声かけ)> 親「宿題せんでいいけんね!」 子「よしっ!宿題しよっかな~!」 うまく...
百人一首大会

百人一首大会

本校創立以来、毎年開かれている「校内 百人一首大会」新型コロナ感染拡大予防をし、低学年、中学年、高学年それぞれ5〜6グループに別れて行いました。開会式と閉会式は校内放送を利用して行いました。 低学年の1・2年生が40首、中学年の3・4年生が...
More
Return Top