精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

6年 性教育

6年 性教育

小学6年生は、2学期に宗教で「生命の学習」を学習しています。
単に身体の成長や仕組みを伝えるのではなく、神が男女を創られたこと。男女はお互いに愛し合い、助け合い、子孫を残すために結婚することを学びます。
心身の成長や変化は新しい生命を育むための準備であり、神から頂いた生命の神秘を伝えるという視点で進めていきます。

受精の瞬間

 また、授業の中では『こちらたまご応答ねがいます(岸信子)』という本の読み聞かせをします。12歳の兄たかしが、受精卵となった「たまご」と特別に会話するなかで、男性や女性の身体の仕組み、新たに受精卵ができる過程、生命の大切さ、年頃の男女が互いに尊敬し合うべきことなどを学んでいくという話です。

Facebookコメント

最近の投稿

体育祭 代替会 開催

体育祭 代替会 開催

毎年4月に行われている小中高合同体育祭が、新型コロナ感染拡大防止のため中止となりましたが、今回、その代替会「男たちの熱き闘い」を開催しました。 児童生徒が休憩をとるテントを通常の2倍にし、3密を避け、プログラムも短縮し、感染対策を講じた上で...
令和2年度「夏休み作品展」

令和2年度「夏休み作品展」

毎年恒例の「夏休み作品展」ですが、今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Web上で保護者の方のみへの公開といたします。 児童の作品は、保護者プリントでお知らせしましたパスワードを入力して、以下のリンク先よりご覧ください。 尚、ブログ...
More
Return Top