精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

サッカー 「長与カップ」優勝

サッカー 「長与カップ」優勝

7月30日(土)・31日(日)に「長与カップ」に参加しました。
約40チームを6つの会場に分け勝敗を競いました。

1日目初戦、kuruli girlsという中学生チームと対戦。
体格・スピード・体力など全てにおいて圧倒され0対5で完敗。
続く2試合目は銭座と対戦し5対0で勝利。
1日目を1勝1敗の2位という結果で終えました。

2日目は、1日目の結果により決まったトーナメント戦。
1回戦は戸町に9対0で勝利。
続く2回戦は大浦と対戦。
先制点を奪うもすぐに同点に追いつかれ手に汗握る一進一退の攻防が続きましたが、追加点を奪い2対1で勝利。
決勝戦にコマを進めました。

決勝戦の相手は、前日に0対5で完敗したkuruli girls。
前半立ち上がり、押し込む時間帯もありましたが最後のフィニッシュがうまくいかずなかなか点を奪うことができません。
その後は相手にも再三チャンスを作られます。
相手はゴールキーパーまでも前に上がってきて全員で攻めてきます。
しかし、こちらも負けていません。
選手みんなで体を張ってゴールを死守。
我慢の時間が続く中、一瞬の判断が光ります。
相手ゴールキーパーが前に出ていることを逆手にとり、カウンターからロングシュート。
見事先制点を奪いました。
そのまま前半を1対0で折り返します。
ハーフタイムのベンチでは「ラスト15分ぞ!」、「絶対勝つぞ!」、「ディフェンスラインさ・・」などと2人のキャプテン、川上・長屋を中心に自分たちで声をかけ合う姿が見られとても頼もしく感じました。

後半、互いに一歩も譲らず意地のぶつかりあい。
一進一退の攻防が続き、疲れが見え始めた後半終盤。
子ども達の想いが通じたのか見事追加点を奪うことに成功。

そしてそのまま試合終了のホイッスルが鳴りました。

2日間とも猛暑の中での試合でしたが子ども達よく頑張りました。決勝戦は1日目に負けた相手でしたが、誰一人臆することなく立ち向かっていきました。また、良いプレーには「ナイス!」、失敗したら「ドンマイ!」などと味方に対して良い声かけをするなど2日間の試合を通して人としての成長も感じられるとても有意義な大会となりました。

Facebookコメント

最近の投稿

2月のモットー「剛毅」

2月のモットー「剛毅」

樋口季一郎。ユダヤ人は、この名前を「大恩人」として心に刻んでいます。命のビザを発給して6000人のユダヤ人を救った杉原千畝が有名ですが、樋口の名は知られていません。1943年、ナチスの迫害を逃れてシベリア鉄道で満州の国境まで辿り着いたユダヤ...
「STEAM教育」体育編「短縄の技術向上を目指して」

「STEAM教育」体育編「短縄の技術向上を目指して」

2年生の子どもたちは2月に行われる「校内なわとび大会」に向けて、日々練習を頑張っています。 体育の時間では、二人一組となり、互いの跳躍を動画や静止画で撮影し、アドバイスするなど交流しながら進めています。   撮影しながら進めることで、それぞ...
4年理科実験「熱気球飛ばし」

4年理科実験「熱気球飛ばし」

今年も4年生理科「ものの温まり方」単元での物作りで熱気球を作りました。 これまでの授業では金属、水、空気を温め、どのように温まって行くのかを、ロウやサーモインク(示温インク)、線香の煙を用いて調べました。学習の最後に温まった空気は上に上がっ...
More
Return Top