精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

第37回あじさい劇場

第37回あじさい劇場

7月1日(日)、チトセピア ホールで「第37回あじさい劇場」をおこないました。

 

第37回あじさい劇場開催にあたって

精道三川台小学校では、昭和57年の開校年度から演劇と音楽活動の発表の場を設け、取り組んできました。これらの表現活動を通して、児童たちは様々なことを学んできました。特に、昨今重要視されているコミュニケーション能力、自己肯定感を高めてきました。
    実は、文部科学省も平成22年度から「児童のコミュニケーション能力の育成に関する芸術表現体験」を展開しています。では、なぜ芸術表現活動がコミュニケーション能力を育てるのに有効なのでしょうか。それは、芸術表現活動は仲間との協力が必要だからです。自分だけのリズム、発想だけではなく、仲間の思いや考えを取り入れる必要があるからです。また、芸術表現活動では観客のことを意識します。自分は他人からどのように見えるのかを意識することは、自分自身を客観視することであり、他人の気持ちや動きを考える態度を身につけることにもなります。同時に、多くの人の前で演奏し、演じることで、拍手をもらったり、褒められたりする経験は自己肯定感を高め、大きな自信へとつながっていきます。
    一所懸命に演じ、演奏する児童たちに心から大きな拍手を贈ります。

平成30年7月1日
精道三川台小学校
校長 廣田 悠二

1年生劇「あらいぐまとねずみたち」

2年生劇「ばけくらべ

3年生劇「ヒュードロンお化け学校」

4年生劇「粗忽長屋」

5・6年生合奏「大脱走マーチ」「英雄の証」「ハンガリー舞曲 第5番」

多数ご来場、ご観覧いただき、誠にありがとうございました。

Facebookコメント

最近の投稿

「令和元年度 第38回かもめ祭り」

「令和元年度 第38回かもめ祭り」

11月10日(日) かもめ祭り(バザー)が開催されました。小中高合同で開催し、保護者・児童生徒・教職員が全員で行うお祭りです。天候にも恵まれ、多くの方にご来場いただき、大盛況のうちに終了しました。10:30 小学生の子供たちのカウントダウン...
11月のモットー「秩序」

11月のモットー「秩序」

(学校新聞「たけうま」より) 「秩序」とは「物事を行う場合の正しい順序」「社会や集団が望ましい状態を保つための順番や決まり」のことです。秩序の対義語は「混乱」「混沌」。2011年の東日本大震災の際、交通機関がマヒした東京で駅やタクシー乗り場...
第2回避難訓練

第2回避難訓練

今年度第2回目の防災訓練を行いました。今回も1学期に引き続き地震訓練です。1学期は、避難に対する知識を増やす目的で教室学習を行いました。そこで、どんな危険が起きる可能性があるのか、どのように避難をすればいいのかなどを学習しました。それを踏ま...
More
Return Top