精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

第36回あじさい劇場

第36回あじさい劇場

7月9日(日)に「第36回あじさい劇場」をチトセピアホールで行いました。

 昭和57年に「児童文化祭」として始まったこの行事は、平成元年から「あじさい劇場」と名前を変え、幾多の変遷を経ながら演劇と演奏に取り組んできました。
 演劇や演奏を通して、児童たちはコミュニケーション能力、自己肯定感を高めています。
 練習の中では、「伝えたいこと」が「伝わらない」といった他者との摩擦も経験します。数字では表せないゴールに向かって、話し合い、相談しながら、周りの人とつながる体験を積んでいきます。これこそ、コミュニケーション能力、つまり、他者とかかわる力を育てる機会です。
 また、多くの人の前で演奏し、演じることで、拍手をもらったり、褒められたりする経験は自己肯定感を高め、大きな自信へとつながっていきます。これまでの自分の殻を打ち破るきっかけになるかもしれません。
 一所懸命に演じ、演奏する児童たちに心から拍手を贈ります。    校長 廣田 悠二

○1年生 劇「はくしょんくまくん」

○2年生劇「三川村は今日も晴れだった」

○3年生劇「どろぼう学校」

○4年生劇「吉四六とんち話」

○5年生合奏「ルパン三世、風になりたい、ドラえもん」

○6年生英語劇「A STRANGE WORLD」

たくさん方にご観覧いただき、誠にありがとうございました。

さらには、演出面で多大なご支援をくださったチトセピアホールのスタッフの方々、衣装の準備等でご協力いただいた保護者の皆様に、心より感謝申し上げます。

Facebookコメント

最近の投稿

夏休み作品展

夏休み作品展

毎年恒例の夏休み作品展。会場の視聴覚室は、絵画、工作、自由研究など、多くの作品で賑わいました。1年生にとっては初めての作品づくり。どの作品からも、一所懸命さが伝わってきました。 6年生が取り組む卒業論文からは、どのテーマからも深い学びを感じ...
9月のモットー「責任感」

9月のモットー「責任感」

(学校新聞「たけうま」より)  世間は金メダルを取った人や、チャンピオンになった人を称賛します。また、国を動かした偉大な武将や将軍たちを英雄と呼んで憧れます。しかし、そんな人生を送るのはごく限られたほんの一握りの人に過ぎません。それ以外の人...
名文暗唱 開始

名文暗唱 開始

9月3日から30日の期間限定「名文暗唱」がスタートしました。 この日を待ってましたとばかりに、子どもたちは毎日何回も果敢に挑戦しています。 何回失敗しても、諦めることなく…。 そして、勝ち取った認定に喜び、次の課題に挑戦していきます。 果た...
More
Return Top