精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

第36回あじさい劇場

第36回あじさい劇場

7月9日(日)に「第36回あじさい劇場」をチトセピアホールで行いました。

 昭和57年に「児童文化祭」として始まったこの行事は、平成元年から「あじさい劇場」と名前を変え、幾多の変遷を経ながら演劇と演奏に取り組んできました。
 演劇や演奏を通して、児童たちはコミュニケーション能力、自己肯定感を高めています。
 練習の中では、「伝えたいこと」が「伝わらない」といった他者との摩擦も経験します。数字では表せないゴールに向かって、話し合い、相談しながら、周りの人とつながる体験を積んでいきます。これこそ、コミュニケーション能力、つまり、他者とかかわる力を育てる機会です。
 また、多くの人の前で演奏し、演じることで、拍手をもらったり、褒められたりする経験は自己肯定感を高め、大きな自信へとつながっていきます。これまでの自分の殻を打ち破るきっかけになるかもしれません。
 一所懸命に演じ、演奏する児童たちに心から拍手を贈ります。    校長 廣田 悠二

○1年生 劇「はくしょんくまくん」

○2年生劇「三川村は今日も晴れだった」

○3年生劇「どろぼう学校」

○4年生劇「吉四六とんち話」

○5年生合奏「ルパン三世、風になりたい、ドラえもん」

○6年生英語劇「A STRANGE WORLD」

たくさん方にご観覧いただき、誠にありがとうございました。

さらには、演出面で多大なご支援をくださったチトセピアホールのスタッフの方々、衣装の準備等でご協力いただいた保護者の皆様に、心より感謝申し上げます。

Facebookコメント

最近の投稿

「小さな自分」のものがたり

「小さな自分」のものがたり

3年図工で、「『小さな自分』のおきにいり」の学習をしました。 本来なら、「小さくなった自分」の視点から見て、『面白いと思った場所をお気に入りの場所に作り替えていく』といった活動を行います。 しかし、国語で学習した「たからじまのぼうけん」の影...
1月7日 3学期 始業式

1月7日 3学期 始業式

1月7日(金)、3学期 始業式が行われました。 「新年明けましておめでとうございます。」の挨拶で始まった校長先生の話。 「努力を続ければ、一直線に伸びていくとは限りません。努力をしているのに、なかなか伸びない時もあります。うまくいったかなと...
1月のモットー「清貧」

1月のモットー「清貧」

「何を食べ、何を着ようかと思い煩うな」と福音書は戒めています。現代人にぴったりです。この欲が人間を不安にさせ、多くのものに囲まれながら心は満たされず、人々を不幸にしています。必要なものがあれば満足して、それ以上を求めなければ心は平和です。と...
授業参観・クラスレクリエーション

授業参観・クラスレクリエーション

2年生の子どもたちにとって、入学して初めての授業参観でした。 授業は、算数「はこの形」の2時間目。 毎時間、授業の導入5分間はiPad内の計算アプリで演習します。 シーンと静まり返った教室で、子どもたちが黙々と計算と向き合う様子を観ていただ...
More
Return Top