精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

お知らせ

    4月のモットー「礼儀」

    4月のモットー「礼儀」

    聖書を読んでいると時々「あれっ、そういえばこれ面白いな。」と興味を引かれる場面に出会うことがあります。

    たとえばどんどん有名になっていくイエスに対して同じ村の近所の人々から「あれは大工の息子じゃないか」と言われる場面(マタイの福音書13章)がそうです。

    イエスは旅の最中に様々な人と出会っていき多くの人の心に残るようなエピソードをたくさん残していきます。
    彼のそんな素晴らしい噂が広く知れ渡っていく中で、当時イエスの住んでいた近所の村人の呟いた言葉はなかなか意味深長です。
    そこには少しイエスを揶揄するニュアンスが含まれています。
    わしらの村の大工の息子のくせに偉そうに…と思っているわけです。
    でもその父親を指すのに“あの腕の悪い大工”とか“あの分からず屋の大工”という否定的表現はつきません。
    それはイエスの父親が村では信頼に足る腕の良いきちんとした大工だったからだと想像することができます。
    “わしらの村の立派な大工”として認知されていたので父親を貶めるような言葉は村人の頭には浮かばなかったのでしょう。
    気さくで人当たりの良い大工の父親、きっと息子であるイエスも似た部分があったのでしょう。
    多くの人がイエスに好意を抱いたからです。

    今月のモットーは礼儀です。
    礼儀は何も堅苦しさを意味するわけではありません。
    人から悪く思われないように防御として礼を失さないようにヨソヨソしく控えめにすることではないのです。
    イエスの父親のように気さくで人当たりの良さの中に見られる思い遣りや優しさ何気ない小さな言葉遣いなどに現れる信頼の源となる態度が礼儀の意味するところでしょう。
    新しい年度をスタートするにあたってイエスの父親のような礼儀正しさを実践したいものです。聖書の記述に深い背景を読み取るのは面白いものです。

    モットー
    4月 礼儀
    5月 敬愛
    6月 勤勉
    7月 友情
    8月 英雄的瞬間
    9月 責任感
    10月 誠実
    11月 秩序
    12月 寛大
    1月 清貧
    2月 剛毅
    3月 感謝

    Facebookコメント

    最近の投稿

    2023年度 なわとび大会

    2023年度 なわとび大会

    2月17日、小学校はなわとび大会を実施しました。 前半は3・4・5年生、後半は1・2・6年生の2部に分けて行いました。 短縄は自分で選んだ種目について30秒間で何回とべるかを競う競技です。 今年度も大会記録が出ました。 隼(二重あやとび)6...
    1年生 英語で”Raz Plus”始動

    1年生 英語で”Raz Plus”始動

    1年生の英語では、多読指導の一環で『 Raz Plus 』にも取り組んでいます。タブレットを使って取り組める『 Raz Plus 』は、アメリカで開発された第二外国語として英語を学ぶためのアプリです。このアプリを使用すると、英語の文字が持つ...
    カルビー 出張授業 受講

    カルビー 出張授業 受講

    6年家庭科の授業内にて、カルビー様の出張授業を受講しました。 「カルビーの食育」https://www.calbee.co.jp/foodcom/ 子どもたちが健やかな食生活を送れるよう、食習慣について自分自身で気づき・考え・行動できるよう...
    2月のモットー「剛毅」

    2月のモットー「剛毅」

    今年7月3日に発行される1万円新紙幣に肖像として印刷されるのが偉人と称される渋沢栄一(1840〜1931年)。2021年の大河ドラマ「青天を衝け」(せいてんをつけ)の主人公でも有名になった剛毅の人だ。 彼は、「日本資本主義の父」とも呼ばれ、...
    More
    Return Top