精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

12月のモットー「寛大」

12月のモットー「寛大」

イエスは目を上げて、金持ちたちが賽銭箱に献金を入れるのを見ておられた。そして、ある貧しいやもめがレプトン銅貨二枚を入れるのを見て、言われた。「確かに言っておくが、この貧しいやもめは、だれよりもたくさん入れた。あの金持ちたちは皆、有り余る中から献金したが、この人は、乏しい中から持っている生活費を全部入れたからである。」(ルカ21:1-4)

2000年前、イエス・キリストが生活していた当時、ユダヤでは、より多くの献金をしたものがより神の目にかなうと考えられていたようです。

この話を読むと、何となく心の片隅が咎めるような気がします。長者番付にのるような人が、何かの慈善事業のために用立てる。これは勿論、素晴らしいことです。しかし、自分には関係のないこと。そう思い込んでいるふしがあると思います。

お金の話ばかりではありません。たまたま内線に出たら、ちょっとだけ面倒なことを頼まれてしまった。自分でなくても構わない仕事。つまり自分には関係のないこと。しかし、やったら1~2分でできる頼まれごとです。

今月のモットーは「寛大」です。たとえ自分には関係ないと思われることでも、わたしの物、わたしの時間、わたしの労力など、どれも「有り余る」ほど持っているわけではないけれど、余裕がないほど、誰かのために役立てることができないほどではありません。冒頭の聖書の寡婦のように生活費をすべて寛大に捧げることはできなくても、少し心にゆとりを持ち年末を迎えたいと思います。

カトリックの教えについて、もっと詳しく知りたい方は、以下のリンクをご覧ください。
精道三川台中学・高等学校「カトリックの教え」
オプス・デイ ジャパン「信仰を育む」

本校では、毎日の生活の中で、特に注意して果たしていく徳目を月ごとに決めています。
児童生徒のみならず、教職員も意識し、それぞれの年齢にあった目標を掲げています。
また毎月、学校新聞「たけうま」に教員が交代で、その月のモットーについて書いています。
各月のモットーは、以下の通りです。

モットー
4月 礼儀
5月 敬愛
6月 勤勉
7月 友情
8月 英雄的瞬間
9月 責任感
10月 誠実
11月 秩序
12月 寛大
1月 清貧
2月 剛毅
3月 感謝

Facebookコメント

最近の投稿

「小さな自分」のものがたり

「小さな自分」のものがたり

3年図工で、「『小さな自分』のおきにいり」の学習をしました。 本来なら、「小さくなった自分」の視点から見て、『面白いと思った場所をお気に入りの場所に作り替えていく』といった活動を行います。 しかし、国語で学習した「たからじまのぼうけん」の影...
1月7日 3学期 始業式

1月7日 3学期 始業式

1月7日(金)、3学期 始業式が行われました。 「新年明けましておめでとうございます。」の挨拶で始まった校長先生の話。 「努力を続ければ、一直線に伸びていくとは限りません。努力をしているのに、なかなか伸びない時もあります。うまくいったかなと...
1月のモットー「清貧」

1月のモットー「清貧」

「何を食べ、何を着ようかと思い煩うな」と福音書は戒めています。現代人にぴったりです。この欲が人間を不安にさせ、多くのものに囲まれながら心は満たされず、人々を不幸にしています。必要なものがあれば満足して、それ以上を求めなければ心は平和です。と...
授業参観・クラスレクリエーション

授業参観・クラスレクリエーション

2年生の子どもたちにとって、入学して初めての授業参観でした。 授業は、算数「はこの形」の2時間目。 毎時間、授業の導入5分間はiPad内の計算アプリで演習します。 シーンと静まり返った教室で、子どもたちが黙々と計算と向き合う様子を観ていただ...
More
Return Top