精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

2月のモットー「剛毅」

2月のモットー「剛毅」

手を抜かない生き方

本校の卒業生でテニス部の大先輩に、堀晃大(36歳)さんがいます。
NTT西日本ソフトテニス部監督です。
今年、日本リーグで優勝して前人未到の10連覇を成し遂げました。
彼は一つの言葉を心に刻んで練習に励み、指導に当たっています。
それは中学時代にテニス部監督から言われた「自分が持っている力を、今日、惜しまずに出し切れ」という教えです。
人間の心の中には、よい望みと悪い傾きが共存しています。
努力して向上したいという望みと、怠けたい、楽をしたい、我を通したいという誘惑です。
自分の中に「よい自分」と「悪い自分」がいて、対立しています。
この戦いに負けると堕落します。
勝てば成長します。
心の中の勝負に人生が懸っているのです。
「すべきことを今する」のか、後回しにするのか。
義務的に果たすのか、意欲的に果たすのか。
各瞬間が戦いです。
その人の生き方が試されています。
寒くても決めた時間通りに起きる。
時間通りに仕事や練習を始める。
サッと終わって次の活動に移る。
このように、怠惰やわがままに負けない強い心をつくり上げる必要があるのです。

また、人生には逆境もあります。
競泳の池江璃香子選手は、白血病が見つかり東京オリンピックを断念しました。
しかし、たとえ練習ができなくても、日々持てる力を出し切って戦っています。
闘病とリハビリです。
何があろうとも日々、全力を尽くすこと。
けっして手を抜かないこと、それは神の望みに応える生き方でもあります。
「今日、この瞬間、力を出し切ろう。明日は来ないかもしれない」。

本校では、毎日の生活の中で、特に注意して果たしていく徳目を月ごとに決めています。
児童生徒のみならず、教職員も意識し、それぞれの年齢にあった目標を掲げています。
また毎月、学校新聞「たけうま」に教員が交代で、その月のモットーについて書いています。
各月のモットーは、以下の通りです。

モットー
4月 礼儀
5月 敬愛
6月 勤勉
7月 友情
8月 英雄的瞬間
9月 責任感
10月 誠実
11月 秩序
12月 寛大
1月 清貧
2月 剛毅
3月 感謝

Facebookコメント

最近の投稿

なわとび大会

なわとび大会

2月20日、小学校は全学年でなわとび大会を行い、前半は短縄に、後半は長縄に挑戦しました。 今年度は、コロナ感染予防のため一部の保護者のみの参観となりました。 百人一首大会を終えてからの約1ヶ月間、子どもたちは体育の時間だけでなく、セイドータ...
2月のモットー「剛毅」

2月のモットー「剛毅」

小学校では、いよいよ縄跳び大会が近づいてきました。大会が近づくと、いつもある卒業生のことを思い出します。この卒業生は、難しい跳び方や三十秒で何回跳べるかといった課題を他の児童が次々とクリアしていくなかで、抜きん出て縄跳びが上手なわけではあり...
「タブレットを使って」2年生編

「タブレットを使って」2年生編

2年生の国語では詩の単元に入っています。今回はタブレットを使って詩を書きます。 まず、文字入力の仕方を学習しました。2年生ではまだローマ字を学習していないので、五十音順のキーボードを使って入力作業をしました。ゆくゆくはローマ字入力へと変更し...
低学年男子をやる気にさせる方法《反対言葉》

低学年男子をやる気にさせる方法《反対言葉》

先日の「実況中継」はいかがでしたでしょうか? 今回は、「反対言葉」をご紹介させていただきます。 子 ゴロゴロしながらテレビに夢中の息子・・<レベル1(1回目の声かけ)> 親「宿題せんでいいけんね!」 子「よしっ!宿題しよっかな~!」 うまく...
More
Return Top