精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

モンシロチョウ飛び立つ

モンシロチョウ飛び立つ

5月中旬から大切に育ててきたモンシロチョウの卵。

その後、幼虫が生まれ、先週ようやく数匹が蛹になりました。

そして、昨日の昼休みに成虫になりました。

みんなでそのチョウを観察した後、自然へ返した方が良いという子どもたちの意見を尊重し、外へ逃がしました。

先日の連絡ノートの日記に、次のような内容を書いている子がいました。

「自分の育てた幼虫が蛹になって嬉しかった。嬉しかったから、“さなぎ”という漢字を辞書で調べたら“蛹”と書いていた。…」

これがまさに勉強だと思います。

このような子どもたちの自発的な学習に繋がるような授業を日々目指していきたいと思います。

Facebookコメント

最近の投稿

体育祭 代替会 開催

体育祭 代替会 開催

毎年4月に行われている小中高合同体育祭が、新型コロナ感染拡大防止のため中止となりましたが、今回、その代替会「男たちの熱き闘い」を開催しました。 児童生徒が休憩をとるテントを通常の2倍にし、3密を避け、プログラムも短縮し、感染対策を講じた上で...
令和2年度「夏休み作品展」

令和2年度「夏休み作品展」

毎年恒例の「夏休み作品展」ですが、今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、Web上で保護者の方のみへの公開といたします。 児童の作品は、保護者プリントでお知らせしましたパスワードを入力して、以下のリンク先よりご覧ください。 尚、ブログ...
More
Return Top