精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

モンシロチョウ飛び立つ

モンシロチョウ飛び立つ

5月中旬から大切に育ててきたモンシロチョウの卵。

その後、幼虫が生まれ、先週ようやく数匹が蛹になりました。

そして、昨日の昼休みに成虫になりました。

みんなでそのチョウを観察した後、自然へ返した方が良いという子どもたちの意見を尊重し、外へ逃がしました。

先日の連絡ノートの日記に、次のような内容を書いている子がいました。

「自分の育てた幼虫が蛹になって嬉しかった。嬉しかったから、“さなぎ”という漢字を辞書で調べたら“蛹”と書いていた。…」

これがまさに勉強だと思います。

このような子どもたちの自発的な学習に繋がるような授業を日々目指していきたいと思います。

Facebookコメント

最近の投稿

サッカー部“Kuruli cup”で活躍

サッカー部“Kuruli cup”で活躍

12月8日(日)、長与シーサイドパークで行われたKuruli cupに参加しました。参加カテゴリーはU8・U10・U12の3つです。どのカテゴリーも予選は1位通過で決勝トーナメントへ進みました。 U10は決勝トーナメント2回戦で惜しくも敗れ...
1月のモットー「清貧」

1月のモットー「清貧」

11月23日、教皇フランシスコがローマ教皇としては38年ぶりに来日なさいました。その際の日本のフィーバーぶりは記憶に新しいですが、この方は質素を好まれるということでも話題になったことを覚えています。枢機卿時代、移動はバス・電車、小さなアパー...
ダービー スクール5年生との交流

ダービー スクール5年生との交流

12月13日(金)、米軍佐世保基地にあるダービースクールより5年生40名が来校し、4・5年生と交流しました。 初めに両校の代表者が互いに挨拶し、その後すぐグループに分かれそれぞれの活動が始まりました。 その後、給食を取った後、グラウンドで思...
クリスマスの意味

クリスマスの意味

クリスマスと言えば何を連想する?と聞かれれば、多くの子どもたちは、「プレゼント」「サンタクロース」「クリスマスツリー」等と答えるかもしれません。 本校では、クリスマスの本当の意味を子どもたちに教えるために、毎年イエス様が人間の赤ん坊としてお...
More
Return Top