精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

百人一首大会

百人一首大会

1月26日は、年に1度の百人一首大会を行いました。

各グループに分かれて、1試合6分間を計5回行い勝ち負けをきめます。

この日のために、練習を行ってきました。

もちろん勝負なので勝ち敗けも決まります。いつもの力を発揮できた児童・発揮できなかった児童も、何より日本の伝統文化に触れることができる良い体験となりました。

Facebookコメント

最近の投稿

サッカー部 ノルテチャレンジ年間リーグ戦2位/7チーム

サッカー部 ノルテチャレンジ年間リーグ戦2位/7チーム

昨年6月から今年の2月にかけて行われたノルテチャレンジ年間リーグ戦。様々なチームと試合をさせていただき、子ども達は試合を通してどんどん成長していきました。結果は8勝2敗の勝点24。勝点1及ばず7チーム中、第2位でしたが、自分達で声をかける姿...
2月のモットー「剛毅」

2月のモットー「剛毅」

手を抜かない生き方 本校の卒業生でテニス部の大先輩に、堀晃大(36歳)さんがいます。NTT西日本ソフトテニス部監督です。今年、日本リーグで優勝して前人未到の10連覇を成し遂げました。彼は一つの言葉を心に刻んで練習に励み、指導に当たっています...
なわとび自主練習本格化

なわとび自主練習本格化

天井を取っ払った期間限定、短期集中の取り組みの一つ2月15日(土)「なわとび大会」。百人一首大会が終わり、子どもたちは早速次の目標に向けて動き出しています。 「なわとびカード」は低学年用3種類、それぞれ10レベル低学年の最難関は「二重跳び ...
More
Return Top