精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

地層観察実習

地層観察実習

待ちに待った地層観察実習。

これは、理科単元「土地のつくり」の一環として活動しています。

地層のでき方、地層を構成する岩石、鉱物、化石などについて、子どもたちが実際に観察し、採集活動を行います。

生きた知識を身に付け、科学への興味関心を高めることに繋がったと思います。

まず、香焼公園展望台から今回の活動場所等を確認しました。

その時、事前指導で習ったことを実際に自分の目で見て学習を深めました。

また、双眼鏡を使って、各島の形状や断層を見ました。

そして、千畳敷海岸を目指して、山道を200Mほど歩きました。

千畳敷海岸から見える地層で既習事項の確認を行いました。

千畳敷海岸を少し歩きました。目の前に広がる景色が綺麗でした。

それから、西の浜でサンドパイプの採集を行いました。

最後に、沖ノ島畦海岸で化石採集を行いました。

海岸を歩くと、貝の化石が見つかり、みんな驚いていました。

長い年月を経て、形成された地層を実感できた1日となりました。

Facebookコメント

最近の投稿

4年理科実験「熱気球飛ばし」

4年理科実験「熱気球飛ばし」

今年も4年生理科「ものの温まり方」単元での物作りで熱気球を作りました。 これまでの授業では金属、水、空気を温め、どのように温まって行くのかを、ロウやサーモインク(示温インク)、線香の煙を用いて調べました。学習の最後に温まった空気は上に上がっ...
なわとび大会に向けて

なわとび大会に向けて

2月18日(土)行われる「なわとび大会」に向けて、休み時間に練習を始める子どもたちが増えてきました。 なわとびカードは、低学年用3段階と高学年用4段階のカードが用意されています。先週、その第1段階目のカードが一斉に配られました。モチベーショ...
1月のモットー「清貧」

1月のモットー「清貧」

「日本人への感謝の気持ちを書き尽くすことはできません。」 聖フランシスコ・ザビエルは日本を離れた後、こう書き記しました。ザビエルは、最初、薩摩の島津氏から布教の許可を得て宣教していましたが、後に禁じられ、では都へ行って天皇の許可をもらおうと...
More
Return Top