精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

最良の結果とは

最良の結果とは

一度延期となった小体会も、先日無事に終了しました。

練習期間にも悪天候が続き、思うような練習ができない時もありましたが、本番を迎えられたこと、あの舞台、あの環境の中で競えたことは、子どもたちにとって価値があったのではないかなと感じています。

競技が始まる前の子どもたちの表情は、緊張と不安が入り混じったなんともいえない表情でした。

競技を終え、待機場所に戻った時の表情は、やり切った後の清々しさと達成感に満ちていました。

結果は結果としてしっかり受け止め、練習過程の努力も評価してほしいと思います。

「結果に捉われず努力してこそ最良の結果を生む」ということを胸に止め、今後の生活に活かしてほしいと願っています。

Facebookコメント

最近の投稿

6月のモットー「勤勉」

6月のモットー「勤勉」

本校では、毎日の生活の中で、特に注意して果たしていく徳目を決めています。児童生徒のみならず、教職員も意識し、それぞれの年齢にあった目標を掲げています。各月のモットーは、以下の通りです。 月 モットー 4月 礼儀 5月 敬愛 6月 勤勉 7月...
オープンスクール 7/28(日) 9:40〜 要予約

オープンスクール 7/28(日) 9:40〜 要予約

オープン スクール(園児授業体験) 日時:7月28日(日)9:40〜11:40対象:年長園児、年中園児場所:精道三川台小・中学高等学校(駐車場あり) お申し込み方法 学校法人精道学園の個人情報保護方針をご覧の上、個人情報の扱いに同意いただけ...
修学旅行 3日目

修学旅行 3日目

赤間神宮・春帆楼(日清講和記念館)を見学し、伊藤博文らと李鴻章らが講和条約を結んだ当時の様子に様々な想像が広がりました。 目の前の海を舞台に繰り広げられた『壇ノ浦の戦い』に関する紙芝居をみながら、目の前を流れる関門海峡に想いを馳せました。 ...
More
Return Top