精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

最良の結果とは

最良の結果とは

一度延期となった小体会も、先日無事に終了しました。

練習期間にも悪天候が続き、思うような練習ができない時もありましたが、本番を迎えられたこと、あの舞台、あの環境の中で競えたことは、子どもたちにとって価値があったのではないかなと感じています。

競技が始まる前の子どもたちの表情は、緊張と不安が入り混じったなんともいえない表情でした。

競技を終え、待機場所に戻った時の表情は、やり切った後の清々しさと達成感に満ちていました。

結果は結果としてしっかり受け止め、練習過程の努力も評価してほしいと思います。

「結果に捉われず努力してこそ最良の結果を生む」ということを胸に止め、今後の生活に活かしてほしいと願っています。

Facebookコメント

最近の投稿

5年 社会科見学 NCC長崎文化放送局

5年 社会科見学 NCC長崎文化放送局

 2月8日(金)NCC長崎文化放送局へ見学に行きました。番組制作にあたってどのような仕事をされているのかを実際に生放送中の番組にも出演し、多くのことを教えていただきました。  また、ニューススタジオの機材も説明していただき、実際に操作もさせ...
2月のモットー「剛毅」

2月のモットー「剛毅」

本校では、毎日の生活の中で、特に注意して果たしていく徳目を決めています。 児童生徒のみならず、教職員も意識し、それぞれの年齢にあった目標を掲げています。 各月のモットーは、以下の通りです。 月 モットー 4月 礼儀 5月 敬愛 6月 勤勉 ...
校内 百人一首 大会

校内 百人一首 大会

1月25日(金)、「児童相互の交流を深め、日本古来の文化に親しむ」・「国語教育の一環として百人一首に親しむ」という目的のもと、校内百人一首大会を行いました。 当日朝から校舎内では、「きりぎりす…」、「たきのおとは…」と友達と句を確認し合う姿...
国際交流−佐世保のダービー校児童52名と交流

国際交流−佐世保のダービー校児童52名と交流

1月23日(水)、本校の4・5・6年生の児童が、佐世保基地の米海軍子女が通う小学校と交流活動を行いました。 初めに両校の代表者がそれぞれ挨拶をしました。 まだ、お互いに初対面なので緊張気味です。 その後、交流会全体の流れの説明があり、初めに...
More
Return Top