精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

最良の結果とは

最良の結果とは

一度延期となった小体会も、先日無事に終了しました。

練習期間にも悪天候が続き、思うような練習ができない時もありましたが、本番を迎えられたこと、あの舞台、あの環境の中で競えたことは、子どもたちにとって価値があったのではないかなと感じています。

競技が始まる前の子どもたちの表情は、緊張と不安が入り混じったなんともいえない表情でした。

競技を終え、待機場所に戻った時の表情は、やり切った後の清々しさと達成感に満ちていました。

結果は結果としてしっかり受け止め、練習過程の努力も評価してほしいと思います。

「結果に捉われず努力してこそ最良の結果を生む」ということを胸に止め、今後の生活に活かしてほしいと願っています。

Facebookコメント

最近の投稿

レッドフィールド生との英語

レッドフィールド生との英語

オーストラリアの姉妹校「レッドフィールド」の高校生が、小学校4〜6年生の英語の授業に来てくれました。 Peter、Allan、Jamesの3人(高校1年生)です。 児童たちは、3つのグループに分かれて、それぞれの生徒達から、話を聞くことがで...
セイドー アフタースクール 始動

セイドー アフタースクール 始動

新年度が始まり、「セイドー アフタースクール」も活動を開始しました。 「どろんこ」の様子。 敷地内の裏山で文字通りどろんこになって遊んでいます。 「囲碁教室」の様子。 じっくりと次の一手を考えます。 いつも互角の戦いが繰り広げられています。...
More
Return Top