精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

最良の結果とは

最良の結果とは

一度延期となった小体会も、先日無事に終了しました。

練習期間にも悪天候が続き、思うような練習ができない時もありましたが、本番を迎えられたこと、あの舞台、あの環境の中で競えたことは、子どもたちにとって価値があったのではないかなと感じています。

競技が始まる前の子どもたちの表情は、緊張と不安が入り混じったなんともいえない表情でした。

競技を終え、待機場所に戻った時の表情は、やり切った後の清々しさと達成感に満ちていました。

結果は結果としてしっかり受け止め、練習過程の努力も評価してほしいと思います。

「結果に捉われず努力してこそ最良の結果を生む」ということを胸に止め、今後の生活に活かしてほしいと願っています。

Facebookコメント

最近の投稿

7月のモットー「友情」

7月のモットー「友情」

これまで生徒から「親友と言える友達がいない」「クラスに友達がいない」といった相談を受けたことがあります。そんな時は「焦ることないよ」と伝えます。友達はいる方が楽しいし、助けられることも学ぶことも多い。人生が豊かになることは間違いありません。...
第三回 校長の、ひとり言♩

第三回 校長の、ひとり言♩

前書き第一回、第二回に引き続き、シリーズ第三回目の校長先生シリーズとなります!! 談話の中から出てきたキーワードに添いつつ、できるだけ伝わりやすい表現ができるよう努めて参ります。 よろしければ、最後までご一読いただければ幸いでございます。 ...
楽しみにしていた給食メニュー

楽しみにしていた給食メニュー

朝から登校するなり、「今日の給食、楽しみー」とテンションが高い子どもたち。それもそのはず、今日の給食メニューは「サイコロステーキ」。さて、何切れずつ入っているのか??? 「先生! これサイコロじゃないです! もっとデカイです‼︎ デザートも...
第二回 校長の、ひとり言♩

第二回 校長の、ひとり言♩

精道三川台学園の創立以来、学校を見届けてきた廣田校長の談話から、気になるキーワードが挙がったので、テーマに分けてご紹介させていただきます。 さて、本日のお題! 〝素学〟のすすめ part2 ※前回に引き続き、〝素学〟という言葉を紐解きながら...
More
Return Top