精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

最良の結果とは

最良の結果とは

一度延期となった小体会も、先日無事に終了しました。

練習期間にも悪天候が続き、思うような練習ができない時もありましたが、本番を迎えられたこと、あの舞台、あの環境の中で競えたことは、子どもたちにとって価値があったのではないかなと感じています。

競技が始まる前の子どもたちの表情は、緊張と不安が入り混じったなんともいえない表情でした。

競技を終え、待機場所に戻った時の表情は、やり切った後の清々しさと達成感に満ちていました。

結果は結果としてしっかり受け止め、練習過程の努力も評価してほしいと思います。

「結果に捉われず努力してこそ最良の結果を生む」ということを胸に止め、今後の生活に活かしてほしいと願っています。

Facebookコメント

最近の投稿

公開授業・学校説明会

公開授業・学校説明会

本日はお忙しい中、公開授業・学校説明会にお越しいただき、ありがとうございました。 本日、公開した授業を紹介します。 1年生 国語「漢字先習・言葉集め・名文暗唱」 漢字先習では、未学習の熟語5つを読めるように学習しました。 次に、ランダムに書...
夏休み作品展

夏休み作品展

毎年恒例の夏休み作品展。会場の視聴覚室は、絵画、工作、自由研究など、多くの作品で賑わいました。1年生にとっては初めての作品づくり。どの作品からも、一所懸命さが伝わってきました。 6年生が取り組む卒業論文からは、どのテーマからも深い学びを感じ...
9月のモットー「責任感」

9月のモットー「責任感」

(学校新聞「たけうま」より)  世間は金メダルを取った人や、チャンピオンになった人を称賛します。また、国を動かした偉大な武将や将軍たちを英雄と呼んで憧れます。しかし、そんな人生を送るのはごく限られたほんの一握りの人に過ぎません。それ以外の人...
名文暗唱 開始

名文暗唱 開始

9月3日から30日の期間限定「名文暗唱」がスタートしました。 この日を待ってましたとばかりに、子どもたちは毎日何回も果敢に挑戦しています。 何回失敗しても、諦めることなく…。 そして、勝ち取った認定に喜び、次の課題に挑戦していきます。 果た...
More
Return Top