精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

1・2年生 おはなしの世界に引き込まれて

1・2年生 おはなしの世界に引き込まれて

9月28日(水)、おはなしの世界の方々をお招きして、1・2年生対象におはなし会を行いました。

今回の読み聞かせでは、
『緑の草はらとっとこ羊』
『トラのじゅうたんになりたかったトラ』
『ちんころりん』
『いぬとにわとり』
『涼しい空中飛行』
の5つでした。

子どもたちは、どのお話も目を輝かせ笑いながら楽しく聞き入りました。

本校では、全学年を対象に、おはなし会を実施しています。
「読み聞かせ」と聞くと、「幼児や低学年が対象では?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、次のような理由から全学年を対象としています。

①感情が豊かになる

本を読み聞かせると、子どもたちは登場人物の気持ちを想像して「嬉しい」「楽しい」「悲しい」など様々な感情を抱きます。
人の心の変化を知ることができ、感情が豊かになります。

②想像力を育む

想像力が豊かな人は相手の気持ちを感じることができ、思いやりを持って人と接することができます。
また、視野が広がり、新しい視点で物事を考えることができます。
本の読み聞かせは子どもたちの想像力を高め、表情を豊かにし、集中力を高めます。

③言語に触れて言語力の上昇が期待できる

絵本に書いてある言葉を覚えてまねをしてみたり、次第に自分の言葉として使い始めたりします。


このように、本を読み聞かせることで、語彙力、読解力、想像力を高める効果が期待できます。
何より、子どもたちはおはなし会が大好きです。

子どもたちは、どのお話も目を輝かせ笑いながら楽しく聞き入りました。

おはなし会を終えて、子どもたちはおはなしの世界の方々にお礼の手紙を書きました。

Facebookコメント

最近の投稿

唯一無二 男子校 小中高合同 第43回体育祭 午後の部

唯一無二 男子校 小中高合同 第43回体育祭 午後の部

各色の応援合戦で、午後の部が始まりました。どの色も気合い十分の演舞を披露。 「低学年の全員リレー」 高校生の「騎馬戦」。小学生の応援にも気合が入ります。 小中高の代表で競う「ボールでポン」ファインプレーに会場は大いに湧きました。 お父さんた...
5月のモットー「敬愛」

5月のモットー「敬愛」

ある先輩をとても尊敬している友達がいました。その先輩は人柄がすばらしく、勉強もよくでき、ユーモアもある人でした。その友達はと言ったら、どこか不安や不満をいつも持っていて周りのことはあまり考えられないような性格の持ち主でした。友達はその先輩と...
給食メニュー 「カツ カレー」

給食メニュー 「カツ カレー」

体育祭直前の給食メニューは「カツ カレー」。 体育祭で勝つぞ!と意気込み、おかわりも美味しくいただきました。デザートのヨーグルトも美味しかったね。
More
Return Top