精道三川台小学校

長崎市の私立小学校

9月限定、学年枠を取っ払った「名文暗唱」スタート

9月限定、学年枠を取っ払った「名文暗唱」スタート

2学期が始まり、今年も9月限定の取り組み「名文暗唱」に全児童がチャレンジしています。

名文暗唱冊子の裏表紙

名文暗唱のねらいは以下の通り。
1.長い間人々に親しまれた古今の名文に親しむ。
2.名文に接することで、ことばの感性を養い、語彙を増やす機会とする。

期間限定で行われるこの活動は、昨年までの自分の記録をどこまで更新できるか、に焦点をあて、一言一句間違えずに暗記暗唱します。
休み時間に先生に聞いてもらい、合格すると名文暗唱冊子の裏表紙にサインをしてもらいます。

暗唱する名文は以下の通りです。

初級

1.いろは歌(作者不詳)
2.山のあなた(カール・ブッセ)
3.道程(高村光太郎)

中級

4.徒然草序段(吉田兼好)
5.土佐日記(紀貫之)
6.小景異情(室生犀星)
7.奥の細道(松尾芭蕉)
8.論語(孔子)
9.平家物語(作者不詳)
10.雨にも負けず(宮沢賢治)
11.枕草子(清少納言)

上級

12.春暁(孟浩然)
13.偶成(朱熹)
14.春望(杜甫)
15.初恋(島崎藤村)
16.方丈記(鴨長明)
17.日本国憲法 前文
18.学問のすすめ(福沢諭吉)

学問のすすめ

 

以上18個の名文を全てクリアした児童は、“名文暗唱達人”として全校児童の前で認定証が渡されます。
中には上級編もクリアし、その上の特別版にチャレンジする児童もいます。

特別版

冬が来た(高村光太郎)
竹(萩原朔太郎)
竹取物語〔作者不詳〕
静夜思(李白)
坊ちゃん(夏目漱石)
吾輩は猫である(夏目漱石)
徒然草 第九十二段(吉田兼好)
おくの細道(松尾芭蕉)
矛盾(韓非子)
戦わずして勝つ(孫子)
風姿花伝 秘すれば花(世阿弥)

ここ数日、登校の際、歩きながら長い名文をひたすら声に出して練習している児童がいます。
1年生にとっては、一つひとつの名文を暗唱しいくつクリアすることができるか。
2年生以上は、昨年の自分の記録をどれだけ伸ばすことができるか。
今年も、自身の限界への熱い挑戦が続いています。

Facebookコメント

最近の投稿

アメリカからもお客様 来校

アメリカからもお客様 来校

アメリカのシカゴにある姉妹校「ノースリッジ ハイスクール」を卒業し、現在大学1年生のクリストス・ローマン君が来校しました。 日本文化や日本語にとても関心のある彼は、夏休みを利用して本校を訪れました。早速、4年生にパワーポイントを使って自己紹...
“でこぼこ”だってキャンバスに

“でこぼこ”だってキャンバスに

6年生は、図工で「ここから見ると」という単元の学習をしました。 場所の奥行きを生かして、楽しく見えるものをつくります。 1年生が楽しめるようにと、目線の高さや、どんな作品にするかにも、気を付けました。 作製中に、低学年からよく質問を受けてい...
囲碁の全国大会 出場へ

囲碁の全国大会 出場へ

第43回少年少女囲碁大会長崎県大会において、本校4年生が準優勝となり全国大会出場権を獲得しました。全国大会は8月に行われ、2年連続の出場となります。活躍を楽しみにしたいと思います。
外国からの久しぶりのお客様

外国からの久しぶりのお客様

スペインのパンプローナにある姉妹校「エル・レディン」を卒業し、現在「バルセロナ大学(大学院1年)」に通うハビエル・ビニェタさんが、6月2日やって来ました。 8月までの3ヶ月間、本校でインターンシップを経験します。 コロナ禍のため、なかなか日...
More
Return Top