精道三川台小学校

SEIDO MIKAWADAI PRIMARY SCHOOL

校長 ご挨拶

「保護者とともに 児童とともに」


 「第一の教育者は、保護者です」これが本校の教育の幹といえます。保護者と教員が、同じ方針の下で、一体となって教育に取り組むということです。そんなことは取り立てていうまでもないことですが、あらためてこの点を突き詰めていくことこそが教育の根幹であり、児童の成長を大いに促すことになると実感しています。
 『子どもとして一番よく知っているのは保護者。児童として一番よく知っているのは教員』この言葉の中には、教員が持つべき謙虚さと責任が含まれています。
 お子様の更なる成長のため、精道三川台の教職員は、『保護者とともに、児童とともに』を合言葉に教育にあたってまいります。

校長:廣田 悠二

Facebookコメント

Return Top